老化防止は習慣から!実年齢より若く見えられる5つの方法

habit-of-antiaging

若さ溢れる肌や表情は女性の永遠の憧れ。 女性の多くが日頃から老化防止のアンチエイジング法を実践していると思いますが、間違った方法をしていると、余計なシワやたるみを作り出してしまったり、逆に老化を促進してしまうことになります。

そうならないためにも、まずは、正しい知識を得ることが効率の良いアンチエイジング生活を過ごすコツになります。そこ今回は、老化防止は習慣から!実年齢より若く見えられるための様々な方法と知識をお伝えさせていただきます。



老化防止は習慣から!実年齢より若く見えられる5つの方法

 

方法1:そもそも老化防止をするアンチエイジングとは?


最近、テレビやネットなどでよく耳にする言葉にアンチエイジングがあります。アンチエイジングとは、抗老化や抗加齢と言った、老化や加齢による衰えを予防するという意味があります。美容の観点から見ると、肌のシミやシワ、たるみを解消する若返り方法をアンチエイジングと呼んでいるので、女性なら誰でも知っているワードになってきています。

でも、アンチエイジングが必要なものは、肌や髪などの目に見える部分だけでなく、血管や内臓筋肉や骨、神経、ホルモンなどの体の臓器の老化を防ぐことも、いつまでも若々しさをキープするためには大切なことです。 外側からのケアだけに老化防止策をとるのではなく、体の内側からもアンチエイジングを徹底することで、病気知らずの健康的は体や肌を叶えることができるのです。

方法2:老化防止の大きな原因になるホルモンの減少


ホルモンは老化に大きな影響があると言われています。そのホルモンの中で特にアンチエイジングに欠かせないものが成長ホルモン。 成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるもので、傷ついた細胞を修復・回復させるという重要な役割があります。

ですから、成長ホルモンの分泌が少なくなると、どんどん老化が進んでしまうことになるのです。 成長ホルモンを豊富に分泌させるための工夫を毎日の生活の中で取り入れることで、老化防止ができます。

方法3:成長ホルモンは眠ってたっぷり分泌する


年齢に関係なく老化防止に役立つ成長ホルモンをたっぷりと分泌できる方法が、睡眠です。 夜寝ている間は、体全体の細胞が修復されている時間。そして、その修復は血液を通して行われているのですが、起きて活動している日中は血液の殆どが脳に集中しているため、細胞の一つ一つまでには栄養や酸素が行き届きません。

ですが、眠ると血液は体の隅々まで流れ始め細胞にも栄養が行き渡るようになるのです。 さらに、眠り始めの約3時間のうちに成長ホルモンの分泌が盛んになります。成長ホルモンによって、傷ついた細胞の修復や回復、そして新しい細胞を生み出しているのです。この修復や回復、細胞分裂はトータルで最低でも6時間はかかると言われているので、睡眠が6時間をきってしまうと、老化が進行しやすくなるのです。

ですから、老化防止を目指すのであれば、毎日6時間以上の睡眠をしっかりと取ること、そして眠り始めの3時間は熟睡できる環境を作ることを徹底しましょう。

方法4:食事を改善することで若返り力がアップする!


食事でできる老化防止策と言えば、抗酸化力の高い食材をたっぷりと摂るということを思い浮かべるかもしれません。もちろん、抗酸化力の高い食材は効率よく活性酸素を除去して老化を食い止める力がありますが、実は食事量を改善することも、老化防止に大変役立ちます。

老化を抑制する食事法としておすすめなのが、カロリー制限。満腹の時の摂取カロリーが100だとすると、その70%程度に制限をすると老化速度が遅くなり、さらに寿命も延びることが、様々な動物試験から分かってきています。 カロリーを70%まで抑えることで、成長ホルモンの分泌がよくなることが老化防止の理由。

また、食事量が減ることで、食べ物を消費するときに発生する活性酸素の量を減らせられることももう一つの理由です。 昔から、腹八分目に医者いらずと言われていますが、まさにそれが若さと健康の理想的な量だということになります。

方法5:軽い運動を味方につけて老化防止


健康や美容に欠かせないのが、運動ですよね。でも、運動が苦手で続けられないという人がとても多いと思います。それは運動というと汗を流しながら一生懸命にやらないといけなというイメージがあるから…。

でも、ハードな運動をすると活性酸素が多く発生するので、実は逆に老化を促進することに繋がってしまうのです。 では、どんな運動が老化防止に役立つのかというと、有酸素運動です。有酸素運動は、ゆっくりとした軽めの運動をある程度の時間を行うだけで充分な誰でも負担なくできる運動です。

有酸素運動を行うことで、老化防止に欠かせない成長ホルモンをたっぷりと分泌することができます。 そして、有酸素運動の代表的なものはウォーキング。今まで電車や車、自転車を使っていたお出かけを徒歩に変えるというだけでOKなので、誰でも気軽に出来ますよね。


さて、今回の老化防止は習慣から!実年齢より若く見えられる5つの方法はいかがでしたか? スキンケアなどの外側のアンチエイジングケアを実践している人も多いと思いますが、実は体の内側からのアンチエイジングケアも同時に行わないと、思うような効果は得られません。

体の内側からの老化防止策としておすすめなのが、最低6時間以上の睡眠をしっかりと取ること、食事量やカロリーを70%程度まで抑えること、そして有酸素運動を定期的に行うことです。 これらの習慣を取り入れると、老化防止に欠かせない成長ホルモンの分泌がスムースになり、目に見えたアンチエイジング効果を得ることができます。 ぜひ、キラキラ輝くような若さ溢れる表情や肌、体を目指してください。

まとめ
老化防止は習慣から!実年齢より若く見えられる方法
方法1:そもそも老化防止をするアンチエイジングとは?
方法2:老化防止の大きな原因になるホルモンの減少
方法3:成長ホルモンは眠ってたっぷり分泌する
方法4:食事を改善することで若返り力がアップする!
方法5:軽い運動を味方につけて老化防止


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.