玄米でデトックスとダイエット!健康と美容に効果のある5つのステップ

玄米
あなたの主食はなんですか?「日本人だもの、お米に決まっている」と答えられた方の多くは、白米を主食にしていると思います。もちろん、白米は素晴らしい主食なのですが、精米する中で糠や胚芽などの身体に良い成分が失われてしまっているのです。糠や胚芽を残した状態で、籾殻だけを取り除いたお米が、玄米です。この玄米は、驚きのデトックスパワーを持っています。今回は、玄米を主食にすることで美容と健康に絶大な効果をあげるステップをご紹介しますね。



玄米でデトックスとダイエット!健康と美容に効果のある5つのステップ

ステップその1:まずは玄米の素晴らしさを知りましょう

玄米を主食にすればデトックス効果がありますよ、と言われても具体的に何がどう効果的なのかわからないと、食べる気はしないですよね。 以下に、玄米の素晴らしさについてご紹介していきます。

(1)食物繊維が多い

玄米には白米の約8倍の食物繊維が含まれています。便秘がちの方などは、主食を玄米に変えるだけで症状が改善されることが多いのです。

(2)栄養バランスが良い

玄米は白米に比べ、含まれる栄養素も多いのです。タンパク質、ミネラル、ビタミンB群などが玄米にしっかりと含まれていますので、玄米を主食にするだけで自然と栄養バランスが良くなっていきます。

(3)解毒作用がある

玄米に含まれるフィチン酸という成分には、身体から化学物質や重金属を排出する効果が認められています。この成分のおかげで、デトックスをすることができるのです。


ステップその2:健康と美容に効果のある玄米の選び方

健康や美容に対して意識の高い方々の間では、玄米は非常に人気があります。ですので比較的簡単に玄米を手に入れることは出来るのですが、さまざまな銘柄の玄米があるので、選ぶのに迷われる方も多いと思います。

基本的には、元々好きなお米のブランドの玄米を求めるか、手に入れやすい玄米を求めるかということになるかと思いますが、もしも余裕があるようでしたら「無農薬である」という点はポイントにしていただきたいと思います。玄米は白米よりも精米段階で削ぎ落とす部分が少ないため、残留農薬の影響を受けないとは断言できないのですね。せっかく健康と美容のために玄米を食べるのですから、無農薬であるかどうかはチェックして損はないと思います。


ステップその3:玄米を美味しく炊く方法

ここまで読まれて、是非玄米を主食にしてみよう! と思われた方も、自宅の炊飯器で美味しく炊けるんだろうか? という不安はあるんじゃないかと思います。最近は、玄米モードのついた炊飯器が多く出回っていますから、この機会に思いきって炊飯器を玄米対応のものに買い替えるのもひとつの方法だと思います。

買い替えまではしたくないけど、ちょっと玄米を試してみたいという方でしたら、浸水時間を長めにすることから始めてみてください。白米でしたら30分程度ですが、玄米ならば半日くらい浸水させておくとちょうど良い固さに炊きあがります。お好みで、水の量も増減させてみるとよいでしょう。

だいたい、白米よりも玄米の方が、やや水を多めにしたほうが美味しく炊きあがりますよ。また、あらかじめ塩を少量混ぜておいても、香ばしく炊きあがりますのでオススメです。


ステップその4:主食を玄米にしたときに合うおかず

不思議なもので、玄米を主食にすると和風のおかずが美味しいと感じられるようになります。焼き魚やおひたし、煮物や酢の物など、ダイエットにピッタリなおかずが自然と恋しくなるのです。これだけでもかなりのダイエット効果が見込まれますよね。

また、和風のおかずばかりで飽きてきたら、実は玄米はカレーにも非常によく合うのです。玄米は噛みごたえがあり、噛めば噛むほど甘い風味が広がりますので、白米のときよりも添えるカレーの量を減らしても大丈夫です。この点でも、玄米はダイエット効果が高いのです。


ステップその5:玄米と味噌汁だけでも立派な食事に!

噛めば噛むほど甘い風味が広がる玄米には、実はおかずが少なくても満足できるという利点があります。極端な話、玄米と味噌汁だけでも立派な食事になります。先述したように、玄米自体にさまざまな栄養が含まれていますから、具沢山の味噌汁に漬け物程度でも充分なのです。むしろいろいろ食べ過ぎない方が、現代人にとってはデトックス的にもいいかもしれません。

 

今回ご紹介しました玄米でデトックスとダイエット!健康と美容に効果のある5つのステップはいかがでしたか?玄米は栄養価が高い、という前知識がなくても、よく噛んでいただくうちに全体的に食べる量が減っていくという夢のような主食、それが玄米なのです。ぜひ玄米を主食にしてデトックスを意識し、ダイエットの成果をあげてくださいね。

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.