若さに差がつく!乾燥肌の原因別で潤いを取り戻す5つの方法

Dry skin

肌が乾燥していると、さまざまなデメリットが発生します。肌の表面がカピカピにひび割れた状態になって、メイクの仕上がりが悪くなったり、年齢を重ねるごとにシワが急増していくという症状に悩まされる人も少なくありません。

出来るだけ若く見られたいのなら、乾燥肌を脱却してプルプルでツヤツヤの肌をゲットする必要があります。そこで今回は、乾燥肌の原因を探りながら、潤いを取り戻す方法をお伝えします。



若さに差がつく!乾燥肌の原因別で潤いを取り戻す5つの方法

方法1: 栄養不足で乾燥肌!潤いアップの食事ポイント


「とにかく痩せたいから、サラダばかり食べている」「極端な食事制限をして、なんとかして痩せようと思っている」という人は、もしかしたら肌がカピカピに乾燥しているのではありませんか?慢性的な栄養不足によって肌を再生化したり、調子を整える成分が極端に少なくなるので、どうしても肌の乾燥を招いてしまうのです。

そこで、肌の潤いをアップさせるためには、日々の食生活に「タンパク質」を豊富に含んだ食材を取りいれて行く必要があります。お肉、卵、お魚など、肌の再生化に効果的な食材を取り入れて、もっとツヤのある肌を目指していきましょう!

方法2: 間違ったスキンケアが原因。正しいケアを理解しよう


肌の調子を整えるために、皆さんは毎日どのようなスキンケア方法をお試しになっていますか?さまざまな方法があるでしょうが、正しいスキンケアをしなければ意味がありません!

参考までに、乾燥肌を招いてしまう可能性があるスキンケア方法をご紹介します。

<間違ったスキンケア方法>

・熱いお湯で洗顔する。

・1日に何度も洗顔する。

・洗顔後、化粧水や乳液を付けないで放置しておく。

・メイクを落とし忘れる。

・ゴシゴシ洗顔をする。

・オイルクレンジングを何度もする。

このようなスキンケアをしている人は、要注意です!スキンケアはしすぎると、表皮を傷つけて乾燥を招いてしまいます。

あくまでも「優しく」「最低限のケア」がスキンケアの基本ですから、過剰なケアは控えましょう。

方法3: 生活習慣を見直してツルツル肌になろう


あなたは、肌に良い生活を送っていますか?日々の生活習慣は肌に大きな影響を与えて、乾燥肌を招く原因を作り出してしまうこともあります。例えば、夏と冬の生活には欠かせない「エアコン」は、風が直接顔に当たるなどして、肌の表面の水分を奪い去ってしまいます。

また、暴飲暴食や睡眠不足、夜間中心の生活などを送っていると、肌には大きな負担がかかってしまいます。そのような不規則な生活習慣が肌の再生化を遅らせて、乾燥肌を招いてしまうのです。

乾燥肌を卒業したいなら、規則正しい生活を送るのが一番効果的です!

方法4: 紫外線で乾燥肌。紫外線対策をしよう


「こんがりと小麦色の素肌の方が、健康的に見えるはず!」「日焼けなんて、気にしないわ」と言う方は、要注意です!目にみえない紫外線は想像以上に肌にダメージを与えるので、紫外線を浴びた部分がカサカサしてしまうことがあるのです。

そこで、日差しの強い夏の時期や晴れの日はもちろん、曇りの日も気を付けなければいけません。一番大切なのは、紫外線を徹底的に避けることです。紫外線がサンサンと降り注ぐ時間帯の外出を避けたり、日焼け止めや日焼けの帽子などで遮ることが大切です。

どうにかして紫外線を避けようと努力しても、真夏の外出の後には肌がヒリヒリしてしまい、乾燥してしまうことがあるでしょう。そのような時は、日焼け後の適切な対処がとても大切です。冷やしたタオルでクールダウンした後に、たっぷりの化粧水や乳液を塗って保湿効果を高めたり、保湿パックでスペシャルなケアをするなど対処していきましょう。

方法5: アレルギーが原因。皮膚科を受診しよう


「どうしてこんなにも乾燥するのだろう?」「日々の保湿ケアでは、全く改善しない!」と自らの乾燥肌に頭を悩ませてしまう人もいるでしょう。

もしかしたら、一向に良くならない乾燥肌の原因は「アレルギー」かもしれません。食べ物、寒暖の差、成分など、アレルギーの原因は人それぞれ違いますが、アレルギーが原因の場合の乾燥肌は保湿をするだけではなく、アレルギーの原因物質に直接働きかけなければ意味がありません。

症状が気になる場合は、すぐに皮膚科に行きましょう。



いかがでしたか?
今回は、乾燥肌の原因別の対処法についてご紹介致しました。健康な肌をキープするためには、身体の中に十分な栄養を取り入れること・肌の表面を十分に保湿することが大切です。

しっとりとした肌はハリがありシワが出来にくいので、見た目年齢も若くなるでしょう。冬の足音が聞こえてくると同時に、肌もカサカサしてきますから、日頃から十分なケアをしていくことが大切です。

ぜひ、今回の記事を自分のことに当てはめて考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

若さに差がつく!乾燥肌の原因別で潤いを取り戻す5つの方法

方法1: 栄養不足で乾燥肌!潤いアップの食事メニューをご紹介
方法2: 間違ったスキンケアが原因。正しいケアを理解しよう
方法3: 生活習慣を見直してツルツル肌になろう
方法4: 紫外線で乾燥肌。最強の紫外線対策をしよう
方法5: アレルギーが原因。皮膚科を受診しよう


 

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.