二重あごのたるみを引き締める!エクササイズで小顔になる7つの方法

double-chin

二重あごになると、顔をより大きく見せてしまったり、老けた印象を周囲に与えてしまいます。二重あごの原因は、たるみ。これは、コラーゲンの変性や筋肉の緩みとも関係していているため、適切なケアをすることで、手軽にスッキリフェイスラインを実現できます。ここでは、二重あごを解消するための自宅で簡単にできる出来る、様々なエクササイズやトレーニングをご紹介させていただきます。



二重あごのたるみを引き締める!お手軽エクササイズで小顔になる7つの方法

方法1.そもそも、二重あごとは?

二重あごとは、フェイスラインのたるみ。体重が増えたわけでもないのに、二重あごになるのは一種のたるみなのです。頬から顎までが顔の中で最も脂肪の厚い部分ですが、それらを皮膚が支えきれなくなることであらわれます。

方法2.スキンケアで解決できるのか?

二重あごの原因は、コラーゲンの弾力が弱まって脂肪などを支えきれず、たるんでしまうこと。よく、たるみ毛穴用、シワ用などそれぞれに対応した化粧品がありますが、どれもコラーゲンに働きかけるという点では同じす。つまり、そういった化粧品を1本、毎日のスキンケアに取り入れればよいということです。成分的な目安としては、コラーゲンを増やす作用のあるビタミンC誘導体や、レチノールなどがあります。
たるんでしまってから解消していくのは難しいので、たるみが進行しないよう早めにケアを始め、予防していくことが一番重要と言えます。

方法3.二重あごにマッサージが有効な理由

二重あごの原因には、必ずしも老化とは言えない要因が存在します。例えば、皮下組織の脂肪細胞が大きくなってしまうことや、血行やリンパの循環が低下して、むくんでしまうことがあります。単なるむくみだからと放っておくと、真皮組織の機能低下にもつながるで注意しましょう。
もちろん、アンチエイジング化粧品を使ったり、老化を招く紫外線をしっかり防いだりする対策は必要ですが、それ以外にマッサージによって真皮の活性化をはかるのも効果的です。マッサージには、代謝を高めてむくみを予防し、皮下脂肪をつきにくくするという効果もあります。

方法4.二重あご予防には筋肉トレーニング

フェイスラインのたるみの原因は、コラーゲンの変性だけでなく、筋肉の緩みとも関係しています。顔にある表情筋は皮膚にくっついているので、筋肉がゆるむと皮膚も一緒に緩む=たるんでしまうのです。
それを予防するには、筋肉を鍛えるトレーニングが必要です。表情筋エクササイズのほか、器具などを使って運動するのもおすすめです。

【おすすめの二重あごを解消する筋肉トレーニング法】

●器具を使う
口から顎にかけての筋肉を鍛えるには、口にはさんで使うタイプの市販グッズがおすすめです。

●ペットボトルを使う
ペットボトルにごく少量の水を入れて唇でくわえて持ち上げ、そのまま10秒キープします。この時、歯は使わないようにしましょう。これを3回ほど繰り返します。慣れてきたら徐々に水を増やして負荷をかけていくとより効果的です。


方法5.たるんだ頬に効く表情筋エクササイズ

二重あごを作るたるんだ頬に効く、表情筋エクササイズです。

①上下の唇を全部歯に巻き込みます。
②そのまま大きく口を開きます。
③開いたまま左右の口角を上げ、すばやくるゆめる、また上げるという動作を10~20回ほど、繰り返しましょう。左右の頬が動いているのを意識しながら行ってください。


方法6.二重あごを解決する表情筋エクササイズ

ここではすでにできてしまった二重あごを解決できる、表情筋エクササイズをご紹介しあます。

①顎の下の筋肉を意識しながら、ゆっくりと上を向きます。
②頭を後ろに反らして、下を上にできるだけ突き出しその状態を5秒キープします。その後、力を抜いて首を元に戻します。①~②を10~20回ほど繰り返し行いましょう。


方法7.フェイスラインを引き締めるマッサージ

フェイスラインを引き締めて、顔のむくみを取り去ることが、二重あご&小顔になるポイントです。

①両手の2本の指を顎にあてて、耳の下に向かってさすります。この時、顔を下に向けながら行いましょう。この動作を10回行います。
②顎の下に両手の親指をあてて、フェイスラインの下に沿って押し、最後に耳の下を2本の指で押します。この動作を3回行います。
③手のひらを首の前面に当てて、鎖骨に向かって両手で交互にさすります。この動作を10回行います。

 

さて今回お伝えした二重あごのたるみを引き締める!お手軽エクササイズで小顔になるはいかがでしたでしょうか?たるみによる二重あごを解消するには、肌のコラーゲン量をアップさせるマッサージを行ったり、ビタミンC誘導体やレチノールを配合した化粧品を利用する、また筋肉のゆるみによる二重あごには、表情筋を鍛えるトレーニングをすると効果的です。
ぜひ、上記の項目を参考にしてスッキリフェイスラインの若々しい表情を叶えてください。

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.