ダイエット ウォーキングで無理なく痩せてリバウドしない6つの習慣

diet-walking

「夏に向けてマイナス●kg痩せたい!」「スリムな体を手に入れたい!」と考える方の中には、ウォーキングでダイエットを目指そうという方も多いのではないでしょうか。確かに、「歩く」という行為は日常の中でもやっていることなので、毎日何キロも走るジョギングやお金のかかるジム通いよりは、気軽に始められそうです。

しかし、「ウォーキングダイエットはリバウンドする確率が高い」と言われているのも事実。せっかく痩せても、またすぐに元に戻ってしまっては、努力の甲斐がないですよね。では、どうすればリバウンドしない、ダイエットに成功するのでしょうか。取り入れたい習慣を見ていきましょう。



ダイエット ウォーキングで無理なく痩せてリバウドしない6つの習慣

 

習慣1:背筋を伸ばして、姿勢よく


ウォーキングでダイエットするなら、ただダラダラと歩くのでは効果がありません。あくまでも運動なので、いかに脂肪を燃やし、筋肉を鍛えるかということが重要です。そのためにはまず、姿勢よく歩くということが肝心です

。背筋は、頭のてっぺんからつられているようにピンと伸ばし、視線はできるだけ遠くに向けます。背筋を伸ばして、一歩踏み出すたびに足やお尻、お腹など、引き締めたい部分の筋肉を意識しましょう。

習慣2:かかとからつま先にかけて重心移動


ダイエットに効果的なウォーキングの基本は、「かかとから着地して、つま先から踏み出す」です。普通に歩けば、すり足やつま先立ちをしない限りかかとから着地するはずですが、このことを意識するだけでも、消費カロリーはだいぶ違います。

また、着地から踏み出しまで、前に向けてまっすぐに重心移動することも重要です。左右にぶれたり、どちらかに体重を偏らせないようにしてください。ウォーキング用のシューズであれば、地面をしっかり感じられるはずです。一歩一歩、着実に、着地→踏み出しを繰り返しましょう。

習慣3:早すぎず、遅すぎないスピードで


ウォーキングダイエットで気を付けたいのが、スピードです。普段歩いているスピードと同じでは、なかなかダイエット効果は期待できません。基本的には早歩きで歩きましょう。

目安としては、「歩きながら人と会話ができて、なおかつ、立ち止まると息が上がっている」くらいのスピードが最適です。移動のために歩いているのではなく、ダイエットのために歩いているという意識を、常に持ってください。

習慣4:腕を軽く振る


正しい姿勢で、ある程度のスピードで歩こうとすると、自然に腕を振りたくなると思います。これは体のつくりとして自然な動きです。短距離走を思い出してください。腕を振れば振るほど、勢いがついて早く走れますよね。逆に腕を全く振らずに走ろうとすると、体にブレーキがかかって前に進みづらいものです。ウォーキングダイエットでも全く同じで、歩くスピードに応じて自然に腕を振ります。

ひじを90度に曲げ、軽くこぶしを握って、足とは逆の方の腕(これも自然に前に出ますが)を前に出して振ります。この時、前に出すのはもちろんですが、出した分だけ後ろに引くということも忘れないでください。そして後ろに引いた分、自然に腕が前に出るはずです。

習慣5:どのくらい歩けばいい?


ここまでは、ウォーキングダイエットの基本的なやり方をお伝えしてきましたが、ダイエットのためのウォーキングは、一体一日どれくらい歩けばよいものなのでしょうか。また、歩くのに最適な時間帯はあるのでしょうか。

ウォーキングによって脂肪が燃焼されるのは、歩き始めて20分が経過してからだと言われています。そのため、最低でも20分は歩かなければ効果は期待できません。目標としたいのは、40分~1時間程度。駅から家まで20分歩かないという人は、隣の駅から一駅分歩いてみるなど、通勤・通学の途中でうまく取り入れられるといいですね。

習慣6:どんな服装が適している?


「ウォーキングなんて、歩くだけなんだから、普段着でいいでしょ!」なんて考えていませんか?ダイエットのためのウォーキングは、あくまでも運動です。普通のスニーカーでも歩くことはできますが、実は足の疲労度には大きな差があるんです。

ランニング用、またはウォーキングシューズなら、足にフィットして軽いですし、何より疲れにくいので長く歩けるというメリットがあります。通気性も高いものが多いのでむれにくいという点も特徴です。

また、服装もできれば軽量で通気性の高いトレーニングウェアがよいです。Tシャツでウォーキングする場合は、汗をかいても吸収する肌着を中に着て、冷えないように工夫しましょう。

 

いかがでしたか?
ダイエット ウォーキングで無理なく痩せてリバウドしない6つの習慣をご紹介しました。一言にダイエットウォーキングと言っても、より効果的にする方法や気を付けるべき点があるんですね。気軽に始められる運動だからこそ、正しく行ってダイエット効果を高めたいと思います。この記事を参考にして、メリハリのあるスリムな体を目指してください!

まとめ

ダイエット ウォーキングで無理なく痩せてリバウドしない6つの習慣

習慣1:背筋を伸ばして、姿勢よく
習慣2:かかとからつま先にかけて重心移動
習慣3:早すぎず、遅すぎないスピードで
習慣4:腕を軽く振る
習慣5:どのくらい歩けばいい?
習慣6:どんな服装が適している?


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.