変えた人限定の痩せる方法!食べながら無理なく続ける5つの食習慣

appetite-1239166_640

30歳を過ぎてから太りやすくなった…と感じている人は少なくありません。体型が崩れてきたり、二の腕がダルダルになってきたという人は、これが太る兆候です。30代になると、運動量が少なくなり筋力が弱まります。そして、筋力や筋肉量が少なくなり基礎代謝力が低下するので、痩せにくく太りやすくなるのです。

でも、いつまでもキレイでいるためには、このような悪循環に陥らないようにしたいもの。そこで今回は、食べながら無理なく続けられる痩せる方法をお伝えします。特に30代の方必見です。



変えた人限定の痩せる方法!食べながら無理なく続ける5つの食習慣

食習慣1.食べ方を変えるだけで痩せるスイッチが入る


食べ方を変えただけで痩せるスイッチが入ることをご存知ですか?その食べ方とは、朝と夜は軽めで、昼をしっかりと食べるという痩せる方法です。

3食の内容の配分を今までと変えて、昼ご飯を1日のメインとします。そうすることで、痩せる仕組みをオンすることができるんですよ。1週間もしないうちに、何かしらの効果を感じる人が殆どです。この痩せる仕組みの働きをスムーズにするために大切なのが、次のようなもの。

●栄養バランスがとれた食事をする
●栄養を効率よく消化・吸収する
●吸収した栄養を全てエネルギーに変える
●エネルギーを使い切る

この働きがスムーズなら太りませんが、一つでも崩れていると栄養を脂肪としえ溜め込むようになるのです。ぜひ、お昼メインの食事に切り替える痩せる方法を実践して、20代の頃のような素敵なボディラインをかなえてください。

食習慣2.痩せる時間と太る時間を使いわける


痩せる方法として大切なポイントは、次のようなもの。

●規則正しく決まった時間に3食摂る
●栄養バランスがよくとれた食事をする
●朝昼3食の質と量の配分を重視する
●料理の食べる順番を守る

 消化器の仕組みを正しく使うことが、痩せる方法としてとっても重要な点となります。消化器は時間の変動に合わせて、1日に3回働き方を変えています。同じものを同じ量だけ食べたとしても、食べる時間帯によって、摂った栄養はすぐにエネルギーとして使われたり、体脂肪に変わったりします。

このように、痩せる時間帯と太る時間帯があるのです。朝4時から正午までは消化器の一番の仕事である排泄、正午から夜の8時までが消化の時間、夜8時から朝4時までは吸収の時間となっています。

正午から夜の8時までの間でエネルギーを消費するためには、昼食メインの食生活に切り替えるのが、簡単な痩せる方法なのです。

食習慣3.朝ごはんで痩せる方法がある!


人間の体は体内時計の働きで食事のリズムを記憶しています。いつも決まった時間に3食とると、胃や腸の消化器がリズムを作って、痩せる仕組みが正しく働くようになるのです。これに必要なのが食習慣なのです。

体内時計には2つの種類がり、1つは脳にある主時計、もう一つは抹消時計という全身の細胞にあるものです。この2つの時計のリズムが合わさることで、体の仕組みはスムーズに動くようになります。

主時計の周期や約25時間で1日の時間よりも長くなっていますが、毎朝、朝日を浴びて目に入る光の刺激を受けることで24時間周期に調整されています。そして、抹消時計は起きて2時間以内に食べる朝ご飯でリセットされて、主時計と同じリズムを刻むようになるのです。

朝ご飯を抜くと、この2つの時計はバラバラに働き、体のリズムを崩し、痩せる仕組みが働らかないということです。朝ごはんをちゃんと摂ることも、痩せる方法の一つです。

食習慣4.まず野菜から食べて痩せる


ある食べるルールを実践して痩せる方法があります。効率的な痩せる方法としおすすめしたい食習慣の基本です。例えば、ごはんや焼き鮭、かぼちゃの煮物、酢の物、味噌汁があるとします。この中でまず手を付けていただきたいのが、酢の物です。そして次が味噌汁、鮭の順番に食べて、かぼちゃやご飯は後回しにします。1品を完食する必要はなく、主食のご飯を口にするまでに、間を置くことが大切なのです。一通りこの順番が終われば、後は好きなように食べてOKです。

なぜこのような食べ方が痩せる方法かというと、野菜や海藻など食物繊維がたっぷりの食材は血糖値を急激にあげないため、肥満予防になるのです。食事をすると血糖値はあがりますが、いきなり糖分の塊ともいえる炭水化物のご飯を食べると、急激に上昇します。そしてすぐに血糖値を下げるために、膵臓から肥満ホルモンと呼ばれるインスリンが大量に分泌されてしまうのです。こうなると自ら太る食べ方をしてることになるのです。

この肥満ホルモンを分泌しないためにも、痩せる方法としてまずや野菜や海藻から摂るように心がけてくださいね。

食習慣5.食物繊維は肥満を防ぐ強い味方!


さきほどの項目で、食べる順番や野菜や海藻からとお伝えしましたが、これらに含まれている食物繊維こそが肥満を防ぐ強い味方なのです。食物繊維には水に溶ける水溶性のものと、水に溶けない不溶性のものがあります。

次に紹介するので、痩せる方法として毎食に取り入れてくださいね。

●水溶性の食物繊維
リンゴ、アボカド、納豆、枝豆、インゲン豆、ソラマメ、なめこ、おくら、ニンジンなどの緑黄色野菜、こんにゃく、海草類

~こんな効果がある!~
・便通を整える
・腸で糖の吸収を抑える
・肥満を予防する

●不溶性の食物繊維

全粒粉、ライ麦などの穀類、おから

~こんな効果がある!~
・便通を整える
・高血圧を予防する
・腸内善玉菌を増やす


さて、今回の生活習慣を変えた人だけが痩せられる方法についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
なかなか痩せなくなったと感じている人は、痩せる仕組みがうまく働いていないのかもしれません。
毎日の食習慣で出来る痩せる方法はたくさんありますよ。

例えば、昼食をメインの食事として、エネルギーをその日のうちに使い切る、そして、食べる時間を決めて体内時計を整える、さらには海草や野菜から食べて肥満ホルモンを分泌しない方法です。海藻や野菜は肥満防止の強い味方の食材なので、毎食摂り入れて、痩せ体質を目指してくださいね。

まとめ

変えた人限定の痩せる方法!食べながら無理なく続ける5つの食習慣

食習慣1.食べ方を変えるだけで痩せるスイッチが入る
食習慣2.痩せる時間と太る時間を使いわける
食習慣3.朝ごはんで痩せる方法がある!
食習慣4.まず野菜から食べて痩せる
食習慣5.食物繊維は肥満を防ぐ強い味方!


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.