下痢のときに食べたいお腹にやさしい食事5選

diarrhea

毎年冬に大流行する急性胃腸炎、慢性的な下痢、食べすぎによる下痢など、さまざま要因で下痢は引き起こされます。お腹が空いたな~と思っても、またお腹を下すのではないかという恐怖心から食欲が低下してしまう方もいるでしょう。

食は命なり!食べなければ、体力や免疫力が低下してどんどん回復が遅れるだけです。そこで今回は下痢の人でも安心で食べられる料理をご紹介します。簡単・美味しい・冷蔵庫にある材料で作れるレシピを厳選しました。



下痢のときに食べたいお腹にやさしい食事5選

 

1 整腸作用のあるダブル食材☆リンゴのはちみつグラッセ


下痢は腸内の悪玉菌が増えているサインですから、整腸作用のある食材を食べて腸内環境を整える必要があります。そこで今回は、抜群の整腸作用を持つ「リンゴ」と「はちみつ」を使ったデザートをご紹介します。砂糖不使用の自然派デザートなので、ダイエット中でも安心です☆

<リンゴのはちみつグラッセ 2人分>
・リンゴ 1個
・はちみつ 大さじ3
・水 大さじ2
・シナモン 少々

作り方
①リンゴは、皮を剥いて8等分にします。
②お鍋にリンゴを並べて、水 大さじ2を加えて弱火でコトコト煮ます。
 焦げないようにしてください。
③リンゴの外側に火が通ってきたら、はちみつ 大さじ3を加えて更に弱火で火を通していきます。
 焦げやすいので、鍋のそばから離れないようにして下さい。
③煮込み始めて15分。リンゴがクタクタになったら、シナモンをふりかけて完成。

食事のあとのデザートに是非、お楽しみください。

2 便を固める作用のあるスイーツ!?ニンジンとバナナの米粉ケーキ


下痢の時に食物繊維たっぷりの食事をすると、症状を悪化させてしまう恐れがあります。そこで便を固める作用のあるニンジンとバナナを食べて、薬に頼らず下痢を改善しましょう。

<ニンジンとバナナの米粉ケーキ 4人分>
・ニンジン 半分
・バナナ 1本
・米粉のホットケーキミックスの素(最近はスーパーで手軽に手に入ります)
・上記のホットケーキミックスの分量に従った卵や牛乳

作り方
①人参はすりおろして、バナナはフォークの裏でつぶしておきます。
②レンジで①を3分温めます。
③米粉のホットケーキミックスの素に規定量の卵や牛乳を加えて、良く混ぜます。
 そこに②を加えて良く混ぜます。
④ホットケーキを焼く要領で、③をしっかりと焼いていきましょう。

米粉は小麦粉よりも消化が良いので、胃への負担も軽くなります。腹持ちも良く、食欲のない時にもパクパク食べられますので是非1度お試しください。

3 下痢の時には身体を内側から温める!ジャガイモと人参とクタクタスープ


下痢の時には身体が冷えないように、内側から温める食事メニューがオススメです。今回は炭水化物であるジャガイモと便を固める効果があるニンジンを使った、ポカポカメニューをご紹介します。

<ジャガイモと人参とクタクタスープ 2人分>
・ジャガイモ 1個
・ニンジン  1本
・鶏そぼろ 80g
・コンソメキューブ 1個半
・水 400cc
・塩コショウ 少々
・小口ネギ 少々
・オリーブオイル 小さじ1

作り方
①ジャガイモとニンジンは、サイコロ状に細かく切ります。
②鍋にオリーブオイル 小さじ1を加えて、鶏そぼろを炒めます。
③鍋にジャガイモとニンジンを加えて、塩コショウをして炒めます。
④そこに水とコンソメを加えて、食材がクタクタになるまで煮込みます。
 目安は、ジャガイモが少し溶けてトロミが出てくるくらいです。
⑤最後に小口ネギを振って完成です。

消化の良さは抜群!身体の内側からポカポカ温まる最高のスープの完成です。

4 白身魚×発酵食品は下痢防止☆タラの味噌汁でお腹を温めて


白身魚には、便を固める作用があるとご存知ですか?下痢のときは消化の良い食事をするのが1番なので、胃に優しい発酵食品を使った汁物レシピをご紹介しましょう。

<タラの味噌汁 2人分>
・タラ 2切れ
・水 500cc
・ゴボウのササガキ お好きな分
・長ネギ 1本
・和風だしの素 1袋
・味噌 お玉1杯分

作り方
①タラは臭みをとるために下ゆでしておきます。
②ゴボウのササガキと水を鍋に入れて、10分煮込みます。
③長ネギは、斜め切りにしておきます。
④ゴボウが少し柔らかくなったら、下ゆでしたタラと和風だしの素を加えてひと煮立ちさせます。
 タラは下ゆでの時点で火が通っているので、煮過ぎないようにしましょう。
⑤最後に味噌を溶かし入れ、長ネギを加え、軽く火を通せば完成です。

ホッとするお母さんの味こそ、身体が弱っている時には効果あり!是非、身体も心も温まる食事で下痢の症状を和らげましょう。

5 ノンカフェインでお腹に優しい☆ほうじ茶のお粥でリラックス


下痢の症状がひどくて食事も喉を通らないという方でも、お粥ならすんなり受け付けることが出来るでしょう。今回は胃腸に刺激を与えない食事をご紹介します。

<ほうじ茶のお粥 1人分>
・ほうじ茶(ティーバッグでもOK)
・ご飯 お茶碗に小盛り1杯
・水 400cc

作り方
①鍋に水を入れて、お湯を沸かします。
②お湯の中にほうじ茶を入れてひと煮立ちさせます。
③お茶の葉から煮出した場合は、葉を茶こしで全て取り除く
④ご飯を③に入れて、弱火で煮込む
⑤とろみがでたら完成

とてもシンプルな食事メニューですが、消化もよく優しい味わいなので下痢の時にはオススメです。
風邪や胃腸炎で食欲がなかった方でも、すんなり受け入れることが出来る一品です。


いかがでした?
下痢の時には、どうしても食欲が無くなってしまうという方が多いでしょうが、体力を回復させるためにもしっかり栄養を摂ることが大切です。食材にも下痢の症状を悪化させてしまうものや、改善するものまでさまざまありますので、気になる方はインターネットで調べてみてください。

今回ご紹介した食事メニューは誰でも簡単に作ることが出来ますし、胃腸に優しい下痢対策メニューなので、是非1度お試しください。

まとめ

下痢のときに食べたいお腹にやさしい食事5選

1、整腸作用のあるダブル食材☆リンゴのはちみつグラッセ

2、便を固める作用のあるスイーツ!?ニンジンとバナナの米粉ケーキ

3、下痢の時には身体を内側から温めよう!ジャガイモと人参とクタクタスープ

4、白身魚×発酵食品は下痢防止☆タラの味噌汁でお腹を温めて

5、ノンカフェインでお腹に優しい☆ほうじ茶のお粥でリラックス


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.