コルチゾールの不思議☆ストレスを放置できない5つの恐怖

face-1013519_640

なんとなく最近、熟睡できない…。やらなければならいことがたくさんあるのに、やる気が出ない…。一生懸命にスキンケアを徹底しているのに、肌が荒れている…などの不調が続いているのなら、もしかするとコルチゾールというホルモンの分泌が乱れているのかもしれませんよ。

そこで今回は、コルチゾールの不思議と恐怖をお伝えします。



コルチゾールの不思議☆ストレスを放置できない5つの恐怖

恐怖1.そもそもコルチゾールとは?


コルチゾールは、副腎皮質で作られるステロイドホルモンの一つです。糖やタンパク質、脂質、骨などの代謝と免疫に重要な役割を持っています。さらにストレスから体を守ってもいます。

体バランスを取るために大切なホルモンンなので、分泌が乱れてしまうことで、様々な不調を引き起こすことになります。このコルチゾールというホルモンは増えすぎると、副腎に負担がかかるので、体全体のホルモンバランスを乱してしまうのです。

コルチゾールの分泌量のバランスを取ることが、体だけでなく心の健康に大切なのです。

恐怖2.コルチゾールが増えると出るプチ不調とは?


コルチゾールが増えると次のような不調を感じやすくなります。

●風邪をひきやすい
コルチゾールの量が増えると、免疫力が低下し、ウィルス性の風邪をひきやすくなります。ストレスが続いて風邪をひいてしまうのは、副腎の働きが低下が原因です。

●夜眠れない
コルチゾールの分泌量が増えると、セロトニンとメラトニンという睡眠に欠かせない成長ホルモンが出なくなります。睡眠時間を増やして改善しようとしても、このセロトニンとメラトニンの働き自体が崩れていると熟睡できず、眠っても疲れが残ってしまうのです。

●太りやすくなる
コルチゾールの分泌量が多いと、太りやすい体質になります。それは食欲を抑えるセロトニンの分泌が一気に低下するからです。コルチゾールの過剰分泌はダイエットの大敵です。

恐怖3.朝食のフルーツがこんなに体にいいワケ


過剰に分泌されることで、様々な不調をきたしてしまうコルチゾール。分泌量を減らすことができれば、気になる悩みともさよならできますよね。でも、朝食にフルーツを食べることで、分泌量を減らすことができるんです。

その理由はフルーツにたっぷりと含まれているビタミンC!ビタミンCには副腎の働きを活性化させる効果があるので、コルチゾールを減らすことができるのです。疲れた時に酸味があるものを食べたくなりますよね。それが、副腎がビタミンCを欲しているサインです。

毎朝欠かさず、イチゴやブルーベリー、グレープフルーツなどを食べてくださいね。実はコルチゾールは朝に分泌されるので、朝食のフルーツがベストです。

恐怖4.青魚の必須脂肪酸の働きとは


食べ物でコルチゾールの量を減らすのはフルーツだけではありません。青魚にもコルチゾールの過剰分泌の抑制効果があります。カツオやさんま、鯵などにはオメガ3という必須脂肪酸がたっぷりと含まれているのですが、この脂肪がコルチゾールを抑える働きを持っているのです。

お肉類を避けて、できるだけ青魚を毎日の食事でとるようにしてください。そうすることで、コルチゾール量の低下だけでなく、お魚はカロリーも低いので、ダイエット効果も期待できますよ。

恐怖5.太陽にきちんとあたることも大切!


室内で働いている人も多い現代。1日の中で太陽に当たる時間はありますか?実は、コルチゾールの分泌量を低下させるために日光浴も効果があります。冬が長い国では、うつ症状に悩む人が多いというデータがありますが、これは日照量に関係しています。

人間の体は日光に当たることで体内時計が正常化し、体と心バランスが整うのです。ちょっとストレスを感じている時には、外にでて太陽に当たる時間を作ってみてくださいね。きっと心もすっきりとして、コルチゾール量も低下し、元の元気を取り戻すことができますよ。


さて、今回のコルチゾールの不思議と恐怖はいかがでしたか?
風邪をひきやすくなった…、夜なかなか眠れず熟睡できない…、ダイエットを頑張っていてもなぜか太る…と悩んでいる人は、もしかするとコルチゾールが過剰に分泌されているのかもしれませんね。

コルチゾールはホルモンの1つですが、ストレスなどによって副腎の働きが低下することで分泌量が増えます。分泌量が増えると、体と心のバランスを崩して不調を招いてしまう怖いホルモンなんです。

そのような悪い状態を回復させるためには、まず朝食にフルーツを食べてビタミンCを補給すること、日常的に必須脂肪酸のオメガ3を含む青魚を食べること、そして日光にちゃんと当たることが大切なポイントとなります。コルチゾールの分泌量を減らして、健康的な毎日を過ごしてくださいね。

まとめ

コルチゾールの不思議☆ストレスを放置できない5つの恐怖

恐怖1.コルチゾールは副腎皮質で作られるステロイドホルモン
恐怖2.コルチゾールが増えると出るプチ不調とは?
恐怖3.朝食のフルーツがこんなに体にいいワケ
恐怖4.青魚の必須脂肪酸の働きとは
恐怖5.太陽にきちんとあたることも大切!


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.