エイジングケアに最適なクレンジングオイルで美肌を保つ5つの方法

cleansing

軽いメイクから濃いメイクまで、手軽にしっかりとキレイに落とすことができることで、愛用者が多いクレンジングオイル。クレンジングオイルを一つもっていると、アイメイクなどのポイントメイクもスルスルと落とせて、時間がない時にもとっても役立つアイテムと感じている女性も多いと思います。

でも、意外とクレンジングオイルの正しい使い方を知らずに、なんとなく使っている人も多いと思います。その曖昧な使い方が実は肌に負担をかけて、老化の原因になっていることも…。

そこで今回は、エイジングケアに最適なクレンジングオイルで美肌を保つ5つの方法をお伝えします。



エイジングケアに最適なクレンジングオイルで美肌を保つ5つの方法


方法1.意外に知らないクレンジングオイルのしくみ


クレンジングオイルは、メイクはもちろんのこと、酸化した皮脂や肌に付着した大気中の汚れまで落とすことができる、とても強いクレンジング剤です。なので、ベタつきやすいTゾーンや、落ちにくいポイントメイクを落とすにも最適。

この汚れや皮脂をしっかりと落とせる理由は、界面活性剤という成分が多く含まれているからです。界面活性剤は、汚れを自然に浮き上がらせるという働きをするため、水やぬるま湯ですっきりと洗い流すことができます。


方法2.注意したいクレンジングオイルのポイント


ミルクやジェルタイプのクレンジング剤と比べると、クレンジングオイルは界面活性剤が多く含まれています。界面活性剤は水と油を乳化させるために必要な成分ではありますが、洗浄力がどうしても強いため、肌への負担も大きくなるのです。

ですから、軽いメイクの時には、肌への刺激が少ないミルクやジェルタイプを使用するなど、日によって使い分けることが、肌を健やかな肌をキープすることができます。


方法3.間違った使い方をすると肌負担に


肌にしっかりと馴染ませて、洗い流せばよいと思われがちなクレンジングオイルですが、間違った使い方をすると肌に余計な負担をかけてしまうことになります。もし、慢性的な肌トラブルを抱えているのであれば、クレンジングオイルの使い方が間違っているのかもしれません。下記がやってしまいがちな間違ったクレンジングオイルの使い方です。

●クレンジングオイルの量が少ない…
肌に馴染ませるときにクレンジングオイルの量が少ないと、余計な摩擦が起きて肌を傷める原因になります。

●ゴシゴシと力を入れて馴染ませている…
ゴシゴシと力を入れて馴染ませると、角質に傷がついて肌トラブルを招く原因になります。

●時間をかけすぎている…
キレイに落としたいあまりに時間をかけすぎていませんか?長い時間肌の上にクレンジングオイルを乗せていると、肌がもっている潤いまでも取りすぎてしまい、乾燥がちな肌になってしまいます。

●熱湯もしくは、冷水で洗っている…
クレンジングオイルを洗い流す時に熱すぎるお湯を使うと、肌が乾燥しがちに。逆に冷たすぎると油分が固まって汚れがちゃんと落ちなくなってしまいます。

方法4.正しいクレンジングオイルの使い方が若々しい肌をキープする!


意外に知られていない、クレンジングオイルの正しい使い方を知り、実践することで、肌負担がなくなり、若々しい肌をキープできるようになります。ぜひ今日から早速実践してください。

【正しいクレンジングオイルの使い方】

①クレンジングの半分を手にとる
適量の半分のクレンジングオイルを手にとります。(適量は商品によって異なるので、添付の説明書を確認してください)

②Tゾーンからのせていく
最初に、顔の皮膚の中でも比較的強い部分の頬から鼻にかけてのTゾーンにクレンジングオイルをのせていきます。指の腹を使いながら、軽くメイクと馴染ませていきます。

③Uゾーンにのせる
適量の半分のクレンジングオイルを再度手に取り、頬などのUゾーンに軽くメイクと馴染ませながら伸ばしていきます。

④口元や目元
最も皮膚が薄く弱い部分の口元や目元などの細かいところに、クレンジングオイルを馴染ませます。この部分はとにかくやさしく丁寧に馴染ませるのがポイントです。

⑤水を加えて乳化させる
少量のぬるま湯を手にとり、顔全体に広げ油と水を乳化させます。透明だったオイルが白濁色に変わります。

⑥ぬるま湯で手早く洗い流す
塗るま湯を使って、手早く洗い流していきます。髪の生え際や顎の下にクレンジングオイルが残らないように顔全体をキレイに洗い流しましょう。


方法5.乳化させることで肌負担を軽減できる


クレンジングオイルは汚れを落とす力が強いため、肌を乾燥させたり肌への負担が多くなるというデメリットがあります。ですが、クレンジングオイルを肌に馴染ませた後に、少量のぬるま湯を加えることで、油と水が乳化し肌負担を軽減させることができます。 この乳化を行うか行わないかで、肌の乾燥度合が大きく変わってきます。乾燥は、シミやシワ、たるみの原因になるので、クレンジングオイルを使う際には必ず行うようにすることをおすすめします。

 

さて、エイジングケアに最適なクレンジングオイルで美肌を保つ5つの方法はいかがでした?

クレンジングオイルは、とても手軽に濃いメイクやアイメイクでもキレイに落とすことができる優れものではありますが、界面活性剤が多くふくまれていることから、肌への刺激が多いという特徴もあります。

クレンジングオイルでエイジングケアを目指すのであれば、ゴシゴシと擦る、時間をかけすぎるなどといった間違った使い方をしないこと。そして、クレンジングオイルの正しい使い方をすることが大切なポイントになります。

そして、クレンジングオイルの使い方の最大の特徴は、乳化させることにあります。乳化させることで、乾燥、そして肌への刺激が気にならずに使うことができます。 ぜひ、上記の項目を参考にして、クレンジングオイルを上手に使って、エイジレスな美肌をキープしてください。

まとめ

エイジングケアに最適なクレンジングオイルで美肌を保つ5つの方法

方法1.意外に知らないクレンジングオイルのしくみ
方法2.注意したいクレンジングオイルのポイント
方法3.間違った使い方をすると肌負担に
方法4.正しいクレンジングオイルの使い方が若々しい肌をキープする!
方法5.乳化させることで肌負担を軽減できる


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.