若さに一歩差をつける、リンゴ酢で始める8つの若返りの効果

Cider vinegar

「お酢が体にいい」ということは昔から知られていますが、今、注目を浴びているのがリンゴ酢です!リンゴ果汁とアルコールでできたお酢で、リンゴの栄養素であるビタミンやミネラルが含まれているため、美容と健康にとってもいいのです。

また、味もフルーティーで飲みやすいのも魅力的ですね。今日はそんな若返りたい女子の味方、リンゴ酢のさまざまな効果をお伝えします。



若さに一歩差をつける、リンゴ酢で始める8つの若返りの効果

効果1.リンゴ酢で「美肌効果」!食しても肌につけても若返る!


お肌にビタミンCがいいのはよく聞きますが、このビタミンCは壊れやすく、体内に吸収するのが難しい成分です。しかしリンゴ酢には、ビタミンCを壊す酵素の働きを抑えたり、ビタミンCの吸収を高める働きがあるのです!

さらにリンゴ酢には、新陳代謝を活発する働きがあるため、ターンオーバーを促し、美白効果やくすみの解消など肌を若々しく保つ効果があります。皮脂量を抑える働きもあるので、ニキビや毛穴の広がりなども改善することができます。

【オススメ美顔法】

1.洗顔後、リンゴ酢:水=1:5で混ぜた水を顔につける。石けんでアルカリ性に傾いた肌を中和して、すっきりさっぱり!

2.拭き取り化粧水に。リンゴ酢:精製水=1:2を混ぜたものをコットンにつけて拭き取る。優しいピーリング効果があります。

3.気になる毛穴に。リンゴ酢大さじ1と水2カップを混ぜたものをコットンにつけて化粧水にする。血行もよくなる。

4.ニキビ撃退に。リンゴ酢:水=1:3を混ぜたものをコットンに浸し、ニキビの気になるところにのせ10分置いて洗い流す。アクネ菌を殺菌してくれる。

5.日焼けした肌に。リンゴ酢1/2カップと水4カップを混ぜたものにタオルを浸し、日焼けしたところに当てる。日焼けのヒリヒリが落ち着く。

効果2.リンゴ酢で「美髪効果」!サラサラヘアに!


なんとリンゴ酢は髪にもいいのです!アメリカでは情報誌やビューティー情報サイトに載っているそうで、リンゴ酢でヘアケアしている人が多いのだそう。

このような効果があります!

1.髪のキューティクルを引き締める。

2.髪の中の水分を閉じ込め、潤いのある髪に。

3.シャンプーの残留物を取り除く。

これは取り入れないと!ですね。

やり方は簡単。リンゴ酢50mlに精製水を200ml混ぜたものをシャンプー後に髪と頭皮になじませます。そのまま洗い流さずに髪を乾かすだけです。ポイントは洗い流さないこと!酢の匂いは、髪を乾かすとなくなるのでご安心下さい。

効果3リンゴ酢で「.ダイエット効果」!さまざまなダイエット効果がすばらしい!


リンゴ酢には、新陳代謝を高める働きがあります。細胞の生成や体温の上昇効果で基礎代謝が上がるので、特に何もしなくてもカロリーが燃焼されます!

さらにリンゴ酢に含まれるクエン酸は、脂肪をエネルギーに変えてくれます。また、急激な血糖値の上昇を抑える効果もあります。血糖値が上がると脂肪が蓄積されてしまうので、それを防ぐことができます。

効果4.リンゴ酢で「デトックス効果」!毒出しでスッキリとした体に!


デトックス効果とは、体内に溜まっている老廃物や毒素を排出する効果です。リンゴ酢を摂ることで、体内はアルカリ性に変わります。腎臓はアルカリ性だとよく働くので、利尿作用を促し、余分な水分や老廃物を尿として排出してくれます。こうすることで、むくみが取れ、ダイエット効果の上がりやすい、スッキリとした体になります。

効果5.リンゴ酢で「便秘解消効果」!体の中からキレイに!


リンゴ酢に含まれる酢酸・クエン酸は、腸の中の悪い細菌をやっつけてくれます。これによって腸が元気になり活発に動くことで、便秘解消につながります。

他にもリンゴエキスの整腸作用や、アップルペクチンが腸内のビフィズス菌や善玉コレステロールを増やしてくれます。

効果6.リンゴ酢で「体臭予防効果」!夏にオススメな消臭作用!


リンゴ酢を飲むと、体内の匂いの元となる細菌をやっつけてくれます。息の匂いにも効果的です。

また、脇の下の匂いが気になる時は、リンゴ酢をコットンに含ませ拭き取ります。匂いの原因となる細菌を殺菌してくれます。わきがにも効果的。

足の匂いには、リンゴ酢:水=1:4を混ぜたものに足を浸します。殺菌効果もあるので、水虫の予防にもなります。

効果7.リンゴ酢を美味しく摂る方法とは?


【ドリンク】

水・お湯・炭酸水・牛乳・フルーツジュースなどで5~7倍に割る。酸味が気になる方はハチミツを入れる。

【デザート】

水でうすめたリンゴ酢にフルーツを入れ、ゼラチンで固める。

【ドレッシング】

リンゴ酢と同量の油(オリーブオイルまたはサラダ油)に塩、砂糖、コショウを加えて混ぜるだけで、洋風ドレッシングに!また、麺つゆやごまドレッシングにリンゴ酢を加えるだけで、サワードレッシングになる。

効果8.リンゴ酢を摂る際の注意点!


*お酢を空腹時に飲むと、刺激物のため胃腸を痛める原因になります。飲む時は食事中か食後にしましょう!

*飲料用のお酢には希釈度が記載されています。それに従って薄めて飲みましょう!

*お酢を飲んだらうがいをしましょう!口の中が酸性になると、歯のエナメル質が溶ける恐れがあります。


「若さに一歩差をつける、リンゴ酢で始める8つの若返りの効果」はいかがでしたか?リンゴ酢は、飲んでも肌につけても女子にうれしい効果が満載ですね!注意点さえ気をつければ、毎日の生活に取り入れやすいリンゴ酢。

まずはリンゴ酢を飲むことを、食後の習慣にしてみてはいかがでしょうか?一足早く始めた人は、周りに一歩差をつけることができますよ!

まとめ

若さに一歩差をつける、リンゴ酢で始める8つの若返りの効果

効果1: リンゴ酢で美肌!
効果2: リンゴ酢でサラサラヘアーに!
効果3: リンゴ酢でダイエット!
効果4: リンゴ酢でデトックス!
効果5: リンゴ酢で便秘解消!
効果6: リンゴ酢で体臭予防!
効果7: リンゴ酢を美味しく摂るレシピ
効果8: リンゴ酢を摂るタイミング・希釈度・食後の対応に注意!


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.