慢性疲労は肝臓の酷使だった!?消化に負担を掛けない5つの食事法

便秘に効く食べ物

「疲れた…」という言葉が口癖になっているという人が多いですよね。普通の疲れであれば、一晩眠れば大抵が回復し、何日もその疲れを引きずることはありません。

でも、どれだけ眠っても疲れが取れなくて悩んでいる慢性疲労の人が最近は少なくありません。慢性疲労状態がずっと続くと、動くだけで精一杯で、本来の力を発揮できないという悪循環に陥ってしまいます。

そんな慢性疲労の原因は、肝臓機能の低下。そこ今回は、消化に負担をかけない5つの食事法で、慢性疲労から脱出して軽やかでスムースな毎日を過ごすためのコツをお伝えします。



慢性疲労は肝臓の酷使だった!?消化に負担を掛けない5つの食事法

 

食事法1:意外と知らない肝臓の働き

慢性疲労の原因は色々とありますが、意外と気づかないのが肝臓機能が低下しているからというもの。 肝臓と聞くとすぐに思い浮かぶのが、アルコールの分解をしている臓器ですよね。でも、肝臓はアルコールを処理しているだけが働きではないのです。

実は、肝臓は食物から取り入れた栄養をエネルギーに変えて、代謝をよくするという役割も持っています。なので、バランスの悪い食事や、食べ過ぎ・飲み過ぎなどの食生活の乱れも肝臓を酷使してしまう原因になります。

そして、肝臓機能が低下すると、体のめぐりが悪くなるので、常にだるさや疲れといった慢性疲労の症状を感じるようになるのです。

食事法2:肝臓と慢性疲労の関係とは?


肝臓は摂取した栄養をエネルギーとして使えるように変換したり、その栄養を細胞に送り届けたり、さらには毒素を解毒したりと、色んな機能を持っています。 そんな私たちの健康に欠かせない働きをしている肝臓の機能が低下してしまうと、摂取した栄養がちゃんと代謝されず、不完全燃焼状態になってしまうことに。

このような状態になると、栄養が細胞に吸収されないまま排出されてしまうので、体に必要な栄養をしっかりと取れなくなってしまいます。そのため、エネルギーが足りず体は疲れやすくなるのです。これが、慢性疲労の根本的な原因になっています。

食事法3:肝臓機能を低下させてしまう悪習慣


肝臓機能を低下させてしまう理由の一つに、日常における悪習慣があります。 下記の項目に当てはまるものがあるならば、今日から早速改善してみてください。

●睡眠不足
睡眠不足=起きている時間が長くなってしますこと。実は眠っている間に肝臓は休んでいるので、眠る時間が短いと肝臓が休む暇がありません。慢性疲労を解消したいのであれば、十分な睡眠を心がける必要があります。
●バランスの悪い食事
現代食の多くに過剰な脂質の摂り過ぎがあります。脂肪や高タンパク質は、肝臓で処理される時に大きなエネルギーとして使うので、肝臓疲れの原因になります。
●過剰なストレス
過剰なストレスを受けると自律神経の一つである緊張モードの交感神経が優位になります。肝臓は、リラックスモードの副交感神経が優位な状態でかスムースに働かないのです。ですから、体と心を緩め肝機能を高めるためにも、リラックスする習慣を取り入れる必要があります。

食事法4:慢性疲労をすばやく解決してくれる食べ物


慢性疲労の悩みを解決するためには、十分な睡眠を取ったり、ストレスをうまく解消するなどが大切。それに加えて、毎日の食事でも慢性疲労に効くといわれる食材を摂ることをおすすめします。下記が慢性疲労を解消する力を持つ食材たちです。ぜひ毎日の食事に加えて軽い体を作り出してください。

●山芋
滋養強壮効果があることで知られていますが、山芋は昔から漢方薬としても使われてきたという歴史があります。胃腸の働きをアップすることがえきるので、疲れにくい体を作り出すことが可能です。
●ニンニク
元気いっぱいの体になりたい!という時にニンニクを良く食べるという人も多いですよね。ニンニクは免疫力を上げたり血液の流れをスムーズにするという働きをします。そのため、体力の落ちた体を回復させるための特効薬になってくれます。
●黒ゴマ
黒ゴマに含まれているセサミンは、高い抗酸化作用があります。また、ビタミンやミネラルなどもたっぷりと含まれているので、疲労回復効果だけでなく、精神バランスを取る効果も期待できる優れものです。

食事法5:料理が苦手という人はフルーツで慢性疲労回復!


男性や一人暮らしの人ほど、自炊するのが大変ですよね。そんな人の慢性疲労回復におすすめなのが、疲労回復効果を持つフルーツです。

●リンゴ
リンゴは慢性疲労を回復させるのに効果的な果物です。また、食物繊維もたっぷりと含んでいるので、便秘予防や高血圧予防にも効果を期待できます。
●イチゴ
イチゴには疲労回復効果のあるビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは風邪予防や肌荒れ防止にも効果を発揮してくれる優れものです。
●ミニトマト
ミニトマトに多く含まれるリコピンは、通常のトマトの2倍と言われています。リコピンは活性酸素を効率良く除去する働きがあるので、疲労回復効果を発揮してくれます。

 

さて今回の、慢性疲労は肝臓の酷使だった!?消化に負担を掛けない5つの食事法はいかがでしたでしょうか?

慢性疲労を作り出す原因は、主に睡眠不足やバランスの悪い食事、過剰なストレスによって肝臓機能を酷使してしまうことにあります。

ですから、肝臓機能を回復させることが、慢性疲労の悩みを解決する一番の近道。 肝臓機能を回復させるために効果がある毎日摂りたい食材と言えば、山芋やニンニク、黒ゴマです。そして料理が苦手という人は、リンゴやイチゴ、ミニトマトなどのフルーツや野菜から積極的に摂ることで、疲れを感じにくい体を作り出すことができます。

ぜひ上記の項目を参考にして、慢性疲労のないスッキリとした軽い体を作り出してください。

まとめ

慢性疲労は肝臓の酷使だった!?消化に負担を掛けない5つの食事法

食事法1:意外と知らない肝臓の働き
食事法2:肝臓と慢性疲労の関係とは?
食事法3:肝臓機能を低下させてしまう悪習慣
食事法4:慢性疲労をすばやく解決してくれる食べ物
食事法5:料理が苦手という人はフルーツで慢性疲労回復!


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.