血管年齢=見た目の若さ!?生活習慣で-10歳差が出る5つの工夫

血管年齢

毎日肌ケアに時間やお金をかけているという女性は少なくないと思います。でも、そのような人の中にも思うような効果を得られずに悩んでいたり化粧品ジプシーになっていることも多いようです。

本来の若さや美しさを得たいのであれば、外からのケアだけけでなく、体の内側からのケアをしっかりとすることがとても大切です。

特に血管年齢が元気で若々しいと肌も艶やかになって見た目年齢もグンと下げることができます。そこで今回は、血管年齢を若返らせる方法についてお伝えします。



血管年齢=見た目の若さ!?生活習慣で-10歳差が出る5つの工夫

1.なぜ血管は健康のバロメーター

いつまでも若くて行動力ある自分でいたい!と誰しも思うと思います。化粧品などを使って外からのケアを徹底することも大切ですが、血管を元気な状態にすることで、肌も内臓も常に若い状態をキープできるようになるのです。血管年齢が若いことが高いアンチエイジング効果を得る近道と言えます。

でもなぜ血管年齢が若い方が良いのかというと、血管が硬くなってしなやかさを失くすと、血液や酸素、栄養素をスムーズに体の隅々まで運ぶことができなくなるからです。

またそれだけでなく、不要になった老廃物の排出も上手にできなくなるため、酸化物質を体の中に溜める原因にもなります。ですから、血管が元気でスムーズに血液が流れる状態こそが、体や肌全般の健康に大切なキーポイントとなるのです。

2.食事で血管年齢を若くする!

血管年齢が高い人ど、血管が硬くなってしまい、血液がドロドロとした状態になっている可能性があります。血液をスムーズに流すことが、血管年齢を下げる一番早い方法なので、毎日の食事を改善して血液がサラサラとした状態になるようにしましょう。

実は少し前までは老化した血管は元には戻らないと言われていましたが、最近の研究では血管は努力次第で若返ることができると分かっています。ぜひ下記の食材を意識して摂って、血管年齢のアンチエイジングに努めてくださいね。

3.これが血液サラサラを目指せる食材たち♪

ここでは血液をサラサラにして血管年齢を若返らせる効果がある食材や食べ方などをご紹介させていただきますね。

【血液の流れをスムーズにする食材】

血液の流れをスムーズにする食材といわれているのが、たまねぎ、にんにく、納豆、青魚、黒酢などです。

【塩分は控えめにする】

塩分に含まれているナトリウムには血圧を上昇させる働きがあります。そのため塩分を摂り過ぎると高血圧になり血管壁が硬くなるため、しなやかさを失います。そのため、血管年齢が高くなります。

【食べ過ぎ飲み過ぎに注意】

お腹いっぱいになるまで食べていたり、お酒を毎日飲み過ぎていたりしていませんか?
飲み過ぎや食べ過ぎは運動などをしっかりとしない限り、カロリーを消費しきれません。

使い切れなかったカロリーは内臓脂肪として蓄積されてしまいます。そうなると、動脈硬化を起こしやすくなり、血管が詰まる原因に…。血管年齢を若くしたいのであれば、腹八分目がベストです。

4.適度な運動も血管年齢の引き下げに効果大!

食事や食べ方を工夫するのはもちろんのこと、運動も同時にしっかりと行うことも血管年齢を下げる多きなポイントとなります。運動を加えることで、短期間で血管年齢をチエイジング効果を得ることができますよ。運動なら何でも良い訳ではありません。

理想的なのが、水泳やウォーキングなどの有酸素運動です。週に数回から定期的にこれらの運動を加えることで、しっかりと効果が出てきますので、ぜひ続けてくださいね。ウォーキングをするとフラジキニンという物質が増えるのですが、これは一酸化窒素を増やす働きがあり、一酸化窒素は血管を広げるという作用があります。

そのため、老廃物をスムーズに排除できたり、栄養や酸素をしっかりと運びやすい血管を作りだすことができます。

5.喫煙は絶対NG

喫煙には血管を収縮させる作用があります。そのためタバコを吸うと血圧が一気に高まり血管に大きなダメージを与えます。さらに、タバコに含まれるニコチンも血管に悪影響を及ぼすことがわかっているので、血管年齢を一気に高くしてしまう存在といえます。

もし、今、喫煙習慣があるのであれば、辛いでしょうが頑張って止めることが血管年齢を若返らせる一番の近道となります。


いかがでした?
外側からの美容ケアを頑張っていても思うような効果が表れない人は血管年齢が高くなっていることが原因かもしれませんが。血管年齢が若い=血液がサラサラと流れる状態のことをいいます。

その状態を取り戻すためには、毎日の食事や食事のとり方に注意したり、ウォーキングなどの運動を定期的に行うようにしましょう。それだけも、血管はしなやかになり肌もキレイに若々しくなっていくのを感じられると思います。

ぜひ5つの方法を参考にして、血管年齢を若くして肌や体を蘇らせてくださいね。

まとめ

血管年齢=見た目の若さ!?生活習慣で-10歳差が出る5つの工夫

工夫1.なぜ血管は健康のバロメーター
工夫2.食事で血管年齢を若くする!
工夫3.これが血液サラサラを目指せる食材たち♪
工夫4.適度な運動も血管年齢の引き下げに効果大!
工夫5.禁煙は絶対NG


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.