違いは色だけじゃない!黒にんにくがもたらす驚きの7つの効果

Black garlic

元気を出したい!という時に、食べたい食材の一つににんにくがありますよね。にんにくというと滋養強壮力が高くて、食べたその瞬間から、体がポカポカイキイキしてくるのを感じることができます。

そんなにんにくよりもすごいパワーを持っているのが、黒にんにくです。通常のにんにくよりも多くお効能があることで、今注目されている食材です。

そこで今回は、違いは色だけじゃない!黒にんにくがもたらす驚きの効果をお伝えします。



違いは色だけじゃない!黒にんにくがもたらす驚きの7つの効果

効果1:黒にんにくとは?


最近はお味噌や醤油、お漬物などの日本に昔からある発酵食品が体に良いということは知られていますよね。発酵食品は、免疫力をアップしたり、腸内細菌のバランスを整えるなどの嬉しい働きをします。

そもそも、発酵とは、食材についた酵母菌や細菌などの微生物を食材が分解している途中で生まれた酵素の働きによって元々なかった新しい成分が作られたり、成分が変化することを言います。食材を発酵させると、栄養価が高くなったり、風味がよくなったり、保存性が高まったり、抗酸化作用が強くなったりします。

黒にんにくは、白いにんにくを高温多湿という環境の元、1カ月ほど熟成させて作られたもので、自己発酵することにより、自然と黒くなっていきます。白いにんにくはニオイや胃などへの刺激が強いため、たくさん食べることはできませんが、黒にんにくは熟成発酵させれているので、甘さがありドライフルーツ感覚で美味しくいただくことができます。

もちろん、内臓にも負担をかけません。

効果2:黒にんにくが叶えるアンチエイジング効果


黒にんにくは、女性にとってもとても嬉しいアンチエイジング効果を発揮してくれます。生物は酸素を使って体の中で栄養分を分解し、エネルギーをキープしています。呼吸によって体の中に取り入れられた酸素はエネルギーを作り出す代謝の途中で、不安定になり約2%が活性酸素という体に悪い物質になります。

この活性酸素が、老化や病気の元になるのです。人間の体には元々活性酸素を除去する働きがありますが、40代を過ぎるとその力はどんどん低下していきます。

黒にんにくは長期熟成することによって、強力な抗酸化作用と抗がん作用を持つ、S-アリルシステインや、動脈硬化に効果があるポリフェノールなどが驚くほどの量含まれていることが分かっています。

毎日の生活で黒にんいくを摂ることで、老化に負けない体と肌を手にいれることができます。

効果3:黒にんにくで血液サラサラ♪


体の中を流れている血液は、それぞれの細胞に酸素や栄養を届けるという役割と、老廃物やに参加炭素を回収する役割を持っています。ですから、血液が体の中をスムーズに流れていることが、健康の第一条件となるのいです。逆に血液がドロドロとしていて、流れも悪いと色んな不調があらわれるようになります。

末端組織の酸素・栄養不足になると、免疫力も落ちウィルスに感染しやすくなります。さらに高血圧や動脈硬化、ガンの発生、冷え性などにも繋がります。黒にんにくには、血液をサラサラとした状態にする働きがあるため、コレステロールを低下させる働きやLDLの酸化防止作用、血圧を低下させる働などの効果を得ることができます。

さらに、代謝をアップすることができるので、冷え症の改善やダイエット効果、肌のくすみ除去などの女性にとって嬉しい作用も得られますよ。

効果4:免疫力アップで、毎日イキイキ!


黒にんにくの効果の中で、毎日の生活に役立つのが、免疫を高めることにあります。黒にんにくは、白いにんにくの効果に加えて、免疫細胞を活性化する働きがあります。

特に黒にんにくは、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化することが分かっています。NK細胞とは通常の免疫細胞とは違い、免疫のプロセスを経ることなく有害物質を攻撃する細胞で、ウィルスやガンなどの除去に高い力を発揮します。ガン発生率が多い日本人にとっても、黒にんにくは健康の救世主といえる食材かもしれません。

効果5:黒にんいくのおすすめの食べ方とは?


黒にんにくは、発酵しているためドライフルーツのような感覚で食べることができます。干しぶどうや、プルーンのような食感なので、おやつ感覚でいただくことができます。

もし、料理に使いたいという場合は、みじん切りにして炒め物や煮物に入れても美味しくいただけます。一番簡単なのは、黒にんにくをスライスしてトースト、サラダ、パスタなどの具材として利用する方法です。ほんのりにんにくの風味がついて、食欲をそそる一品になります。

また、白いにんにくのように、オリーブオイルや醤油につけて調味料にすることもできますよ。工夫次第、色んな頂き方ができるのが黒にんにくです。


さて、今回の黒にんにくがもたらす驚きの効果はいかがでした?黒にんにくとは、白いにんにくを発酵熟成させた栄養価がたかくなったフルーティーな味わいのにんにくのことをいいます。

発酵することによって、高い抗酸化作用があったり、血液サラサラ効果があったり、細胞自体を活性化させるなど、健康や美容にとっても嬉しい働きをしてくれる食材です。

ドライフルーツのような美味しい食感と甘みがあるので、そのままおやつ変わりにいただいたり、スライスして料理に使うことも可能です。

ぜひ参考にして、黒にんにくを毎日の食事で取り入れて、健康&若々しさを手に入れてくださいね!

まとめ

違いは色だけじゃない!黒にんにくがもたらす驚きの7つの効果

効果1:黒にんにくとは?
効果2:黒にんにくが叶えるアンチエイジング効果
効果3:黒にんにくで血液サラサラ♪
効果4:免疫力アップで、毎日イキイキ!
効果5:黒にんいくのおすすめの食べ方とは?

免責事項

Copyright (C) 2013-2017antiaging-life.info All Rights Reserved.