バスソルトでリラックスバスタイム☆心もお肌も喜ぶ6つの知識

バスソルト

お風呂に入浴剤を入れて、バスタイムをお楽しみの方も多いと思いますが、単なる入浴剤ではない、バスソルトをご存知ですか? ソルトの名の通り、塩の入浴剤なのですが、このバスソルトの体への効果がすごいんです! 今日は、そんなバスソルトの効果や使い方などの知識をお伝えします。



バスソルトでリラックスバスタイム☆心もお肌も喜ぶ6つの知識

1.バスソルトってどんな入浴剤?

バスソルトとは、入浴時に使う塩のことです。 お風呂に入れて入浴剤として使ったり、肌にすり込んでスクラブとして使ったりします。 欧米では昔から、美容や健康のためにお風呂に塩を入れる習慣がありました。それがハーブやアロマをプラスした塩に発展し、バスソルトが出来たと言われています。

2.バスソルトの種類~塩と塩以外がある?

バスソルトは大きく分けて2種類あります。 【天然塩】死海の塩(デッドシーソルト)や岩塩。主成分は塩化ナトリウム。 【エプソムソルト】精製した硫酸マグネシウムを主体としたミネラル成分。塩分は含まれていません。

料理などに使われる塩は、塩化ナトリウムの濃度が高く、体に良いミネラル成分を含んでいません。バスソルトとして使うには向いていないので、精製されていない天然塩やバスソルト専用の塩、もしくはエプソムソルトを使いましょう。 食用ではないので、舐めてはいけませんよ!

3.バスソルトの効果~女性にうれしい効果がたくさん!

バスソルトには、効果の得意分野があります。 例えば、スキンケアにはミネラル成分が高い死海の塩、デトックスや疲労回復にはエプソムソルト、発汗作用でダイエットをするならヒマラヤ岩塩、が効果的です。 しかし得意分野というだけで、共通してスキンケアやデトックス、ダイエットに使用できます!

【代謝を上げる】

汗腺に入って発汗を促し、体温低下を防止します。

【デトックス】

体の老廃物を排出してくれます。

【冷え性改善】

血行が良くなり、新陳代謝が向上します。

【ダイエット】

発汗作用で代謝を上げ、脂肪が燃焼しやすくなります。

【美肌効果】

汚れや古くなった角質を吸着して肌のターンオーバーを正常化し、くすみを防いで透明感のある肌にしてくれます。

【保湿効果】

塩分が入ったお湯は、塩分が皮膚の表面に薄いベールのようにとどまり、水分の蒸発を防いで保水力が高くなります。

【腸内環境の改善】

バスソルトに含まれるミネラル成分の中のマグネシウムが、腸の働きを良くしてくれます。

【痛みの緩和】

マグネシウムが鎮痛剤の役割をしてくれます。生理痛や筋肉痛、頭痛や偏頭痛に効果があります。

4.バスソルトの使い方~入浴剤として、スクラブとして

バスソルトの使い方は簡単です! お湯を張った浴槽に、バスソルト1回分を入れて混ぜるだけ!

汗をかいてデトックスすることが目的の一つなので、10~20分は湯船につかりましょう。 お風呂に入りながらマッサージすると、時間もすぐに経ちますし、血行が良くなりバスソルトの効果が高まります。

また、スクラブ剤のように肌にすり込んでマッサージするのもオススメです。 ゴシゴシと肌を強くこするのではなく、体温と水分でバスソルトを溶かしながらゆっくりマッサージしましょう。 マッサージが終わったら、シャワーでさっと流してあがりましょう。

5.オリジナルバスソルトの作り方~実は超簡単に作れる!

バスソルトは、材料があれば自分でも作ることができます。自分の好きな香りをつけることができるので、バスタイムがさらに楽しみになりますよ! 主なフレーバーの効能も書きましたので、ご参考に!

【材料】

・密閉できる瓶
・塩(バスソルト用の塩やエプソムソルトを使いましょう)
・フレーバー(アロマオイルやドライハーブ)

【作り方】

①瓶に塩を入れる。
②アロマオイルなら2~3滴、ドライハーブなら適量加える。アロマオイルとドライハーブを数種類合わせてもOK!
③混ぜる。

【フレーバーの効能】

ラベンダー:リラックス効果
カモミール:冷え性や肌荒れの改善
ゼラニウム:リラックス効果
グレープフルーツ:リフレッシュ効果
オレンジ:冷え性やむくみ改善
マンダリン:抑うつ軽減
ペパーミント:清涼感

6.バスソルトを使うときの注意点

バスソルトはエプソムソルト以外は塩分なので、注意点がいくつかあります。

①髪の毛をつけない

塩分を含んだお湯に髪の毛をつけてしまうと、髪がきしんでしまいます。髪の長い人はシャンプー後、髪を束ねておきましょう。また、家族が知らずに湯船のお湯で髪を流してしまうかもしれないので、一言注意をしておきましょう。

②肌が弱い人は、違和感を感じたらすぐやめる

塩は刺激が強いので、肌が弱い人はヒリヒリしたり、かゆくなったりするかもしれません。また、傷があるとしみて痛くなります。「なんかおかしい」と思ったら、すぐに洗い流しましょう。

③風呂釜をいためないように気をつける

塩は金属を錆びさせることがあります。バスソルトを溶かしたお湯は、使い終わったら流しましょう。 また、お湯を循環させる追焚きはしないようにしましょう。 バスソルトは天然塩なので、石などの異物が入っていることがあります。風呂釜を傷つけないためにも、バスソルトはネットや布製の袋に入れて使うとさらに安心です。


 

バスソルトの効果や使い方のご紹介でしたが、いかがでしたか?
市販されているバスソルトもたくさんありますが、自分で好みのアロマオイルやドライハーブで作ることができるのも楽しいですね! デトックスやダイエット、美肌など女性にうれしい効果の多いバスソルト。 お気に入りのバスソルトを見つけて、毎日が楽しくなるリラックスバスタイムにしてくださいね!

まとめ

バスソルトでリラックスバスタイム☆心もお肌も喜ぶ6つの知識

知識1.バスソルトとは~アロマオイルやハーブをプラスした入浴時に使う塩
知識2.バスソルトの種類は2種類!塩分の入ったものと入っていないものがある!
知識3.バスソルトの効果~美肌やダイエット、デトックスなど効果は様々!
知識4.バスソルトは入浴剤としても、スクラブとしても使える!
知識5.簡単に作れる!オリジナルバスソルト
知識6.バスソルトを使う時の注意~特に湯船はきちんと洗いましょう!


免責事項

Copyright (C) 2013-2017antiaging-life.info All Rights Reserved.