内蔵脂肪を燃焼させて免疫力もアップ!行者にんにくの5つの効果

active

行者にんにくとは、ネギ属の多年草で強い刺激臭を放つ野菜です。
生育期間が5~7年と長いことから貴重な野菜とされていて、比較的価格も高値で取引されています。

行者にんにくという名前の由来は、その昔修験道の行者が食べたことが関係していると言われており、行者にんにくを食べて修行どころではなくなるほど、心身共にピンピンしてしまったという一説もあるほどです。
そこで今回は、行者にんにくの気になる効果を徹底的に解説!疲れている人、必見ですよ!



内蔵脂肪を燃焼させて免疫力もアップ!行者にんにくの5つの効果

効果1. 血液がサラサラになる。


行者にんにくの1番の効果として注目したいのが、血液サラサラ効果です。
その主要成分として「メチルアルトトリルルフィド」と二種類の「ビニルジチイン類」があります。

「メチルアルトトリルルフィド」の成分含有量は、ネギ属の野菜の中でも圧倒的に高くなっていますし、血流を良くする働きがある「ビニルジチイン類」の値も高くなっているのです。このように、行者にんにくには、素晴らしい血液サラサラ効果が隠されているので、生活習慣病予防のためにも積極的に食べていきたい食材です。

刻んで生のまま食べても良いですし、火を通して食べても美味しく召し上がることが出来ます。

効果2. 内臓脂肪を燃焼させて、免疫力と疲労回復力をアップ!


もしも、日々の生活に疲れを感じることがあるのなら、ぜひ行者ニンニクを食べてみましょう。

実は行者ニンニクの主成分は、含硫アミノ酸という強烈な臭いのもととなる成分なのですが、その中でもアリインという成分も量が多くなっています。

これは、酵素アリナーゼの働きかけによって、アリシンに変化して行くのですが、このアリシンに疲労回復の効果があるのです!また、内臓脂肪を燃焼させて免疫力をアップさせてくれるという、嬉しい効果も備えています。
ですから、もし疲れを感じた時には行者にんにくを使った健康レシピを、ぜひご賞味下さい。
参考までに、オススメの行者にんにくレシピをご紹介します。

行者にんにくの醤油漬けの作り方

①行者にんにくをみじん切りにします。

②上からお醤油をさらっと回しかけて、よく味をなじませます。

③そこに、一味と白ゴマを適量かければ、完成です。

 

ご飯や冷奴の上に乗せて、豪快にお召し上がり下さい!

効果3. 血圧が安定して、生活習慣病の予防


行者にんにくを食べると、血液がサラサラになると最初の項目でお話しましたね。
実は血流が良くなるということは血圧の数値が安定して、のちには生活習慣病を予防してくれるという嬉しい効果もあるのです。

ドロドロ血液は高血圧の原因となるので、行者にんにくを食べてサラサラ血液に近づけることが、とても大切です。例えば、ネギの代わりに行者にんにくを薬味としてお使いになっても良いですし、メインの具材として天ぷらや餃子などに使用しても良いでしょう。

行者にんにくは香りが強いので最初は苦手に感じる人もいるでしょうが、火を通したり、細かく刻めば美味しく召し上がることが出来ますので、積極的に毎日の食事メニューに加えていきましょう。

効果4. 肌の質が高まる


行者にんにくに含まれるアリシンは、強い抗菌作用を持っています。よって、行者にんにくを食べることで身体の内側から菌を撃退して、元気で健康な身体にしてくれるのです。

当然、身体が元気だと活動量も増えて新陳代謝が良くなり、冷え症も改善されますので、自然と内側からハリのあるツヤツヤのお肌になるはずです。

どんなに高級な化粧品を使用しても、肌の内側からハリ・ツヤがアップしないことには、美肌の状態を長時間キープすることが出来ません。ですから、美肌を目指す人は積極的に行者にんにくを食べてみましょう。

効果5. コレステロール値を低下させる


もし、コレステロール値の低下を望むのなら、行者にんにくを100℃以下の油で熱しましょう。
実は熱を加えることで、行者にんにくに豊富に含まれるアリシンがアホエンに変化します。

このアホエンと呼ばれる成分もとても魅力的で、成人病を引き起こすコレステロール値を低下させるという嬉しい役割を持っているのです。
ですからダイエット中の人や健康診断でコレステロールの値に注意しなければいけないと診断された人は、毎日の食事メニューに行者にんにくを加えて健康的な体に変えて行きましょう。

サプリメントに頼るのも1つの方法ですが、やはり自然のままの食材のパワーを感じるのが1番です。



いかがでした?
行者にんにくは、ネギやニラと似たような役割で毎日の料理に使うことが出来ます。

炒め物、ギョーザ、スープ、チャーハンの具材、しょうゆ漬け、天ぷらなど行者にんにくの使い道は、本当に幅広いです!
ぜひ、お気に入りの調理法を見つけて、積極的に召し上がってみて下さい。
きっと体の中からパワーが湧いて、毎日ハツラツと過ごすことが出来るはずです。

まとめ

内蔵脂肪を燃焼させて免疫力もアップ!行者にんにくにの5つの効果

効果1. 血液がサラサラになる。
効果2. 疲労感が無くなる!
効果3. 血圧が安定して、生活習慣病の予防
効果4. 肌の質が高まる
効果5. 行者にんにくを食べて痩せる


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.