大人ニキビを体の内と外から改善する6つのステップ

adult-pimple

大人になってからも、ニキビに悩ませれている女性が多くいます。いわゆる、大人ニキビはホルモンバランスの乱れにより、皮脂分泌と保湿バランスが崩れ起こります。過剰に分泌した皮脂が毛穴に詰まってしまい、そこにアクネ菌が繁殖してニキビができます。今回は、そんな肌に1つでもあると気になる大人ニキビを体の内と外からの改善法をご紹介させいただきます。



大人ニキビを体の内と外から改善する6つのステップ

ステップ1:大人ニキビができる原因とは?

20代以降からできる大人ニキビには、思春期にできるニキビと違う特徴が2つあります。
1つはできる部位が異なる点。特に顎周辺にできやすく、治りにくいうえ跡が残りやすいという難点があります。もう1つは、睡眠不足やストレスで悪化するという点です。

食生活と睡眠の質に大きく影響します。様々なことが少しずつ積み重なって、大人ニキビの原因を作り出しています。まずは、肌に良くない習慣を改善していくことが、美肌への第一歩になります。

ステップ2:6時間以上の睡眠で大人ニキビを作らない!

大人ニキビが出来てしまう理由として、ホルモンの乱れがあります。ホルモンの乱れによりできた肌トラブルはスキンケアだけで治すには難しいのです。ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活を心がけましょう。特に睡眠不足になると、肌の免疫力が低下して、大人ニキビができやすくなるだけでなく、大きくなり腫れやすくなります。

大人ニキビを予防するには、毎日6時間以上の睡眠を確保しましょう。睡眠中には、肌を含む体全体が修復されているからです。修復は血液を通して行われていますが、起きている日中は血液のほとんどが脳に集中しているので肌までには栄養や酸素が行き渡りません。ですが、寝ている間は体の隅々まで流れてしっかりと栄養や酸素が行き渡るのです。

また、眠り始めの約3時間の間に成長ホルモンの分泌が盛んになります。この成長ホルモンによって、肌内で細胞分裂が起こっているので、この3時間は眠りが浅くなるような、外的な影響を受けないような環境を作りましょう。

ステップ3:油分を控えたスキンケアで大人ニキビを予防

アクネ菌は、油を栄養として繁殖します。そのため油分の多い化粧品をつけると、大人ニキビが悪化することがあります。ニキビ肌の人は、オイルやクリームなどは控えるようにしましょう

ニキビができるから化粧水しかつけないという人もいますが、肌が乾燥しすぎると角質が厚くなって硬くなり、かえって毛穴を塞いでしまうことがあるので、なるべく水分を与えて、肌をやわらかく保つことが大人ニキビの予防には必要です。余分は皮脂は洗顔ですっきりと落とし、油分の少ない保湿美容液などをつけることをおすすめします。

ステップ4:ビタミンC誘導体は大人ニキビの救世主

大人ニキビのできやすい人は、ビタミンC配合の化粧水を使うと予防・改善ができます。ビタミンCには皮脂を抑える効果があるので、ニキビ予防に大変役立ちます。ビタミンCといっても、成分は様々なタイプがありますが、肌への浸透を高めたビタミンC誘導体を選ぶと良いでしょう。

昔から、ニキビ用としてイオウ配合の塗り薬がよく使われています。確かにイオウは殺菌作用や角質柔軟さ用がありますが、脱脂作用もあるので、皮脂の多い10代の肌には良いですが、大人ニキビ肌に使うガサガサと荒れてしまうことがあるので、使用を控えましょう

ステップ5:
ファンデーションの選び方次第で、大人ニキビを解消

ファンデーションの選び方次第で、大人ニキビを悪化させてしまうことがあります。例えば、油分の含まれているクリームタイプのファンデーションを使うと、ニキビが出来やすくなります。ですので、特にオイリー肌の人は、パウダータイプのファンデーションかルースパウダーに留めた方が無難です。ただ、どうしてもニキビ部分をカバーしたいという場合は、その部分のみにコンシーラーを使うようにしましょう。

その他にも、化粧下地も油分を含んでいるものはニキビには適さないので、保湿美容液などを塗った上から直接、パウダー類を重ねて塗ることをおすすめします。

ステップ6:
大人ニキビの悩みを内側から解消できる栄養素

大人ニキビは体内バランスの崩れから、毛穴の出入り口が塞がれてしまう角化異常を起こすことから始まります。予防・解消には、皮脂分泌を抑える食事がポイント。

大人ニキビ予防のために摂りたい栄養素は皮脂の分泌を抑える効果のあるビタミンB1とB2。そして血流を改善し角化異常の発生や色素沈着を防ぐ働きのあるビタミンEです。また、便秘も大人ニキビの原因になるので、スムーズなお通じを叶える食物繊維も積極的に摂るようにしましょう。

【ビタミンB1を豊富に含む食材】

・豚ヒレ
・豚モモ
・ピーナッツ

【ビタミンEを豊富に含む食材】

・アーモンド
・ツナ
・たらこ
・かぼちゃ
・アボカド
・ほうれん草
 など

【食物繊維を豊富に含む食材】

・おから
・大豆
・納豆
・モロヘイヤ
・キウイ
・れんこん
・長芋
 など

さて今回お伝えした大人ニキビを体の内と外から改善する6つのステップはいかがでしたでしょうか?大人ニキビがあると、鏡を見るのも嫌になりますよね。

大人ニキビを改善するには、体の内と外からのケアが必要になります。内からはニキビ予防に効果のあるビタミンB1、2、Eをたっぷりと含んだ食材を摂ったり、1日6時間以上の質の高い睡眠をとること。外からは油分の含まないスキンケアやファンデーションを使ったり、大人ニキビ改善効果のあるビタミンC誘導体を含んだ化粧品を使うことです。
上記の項目を参考に、大人ニキビを寄せ付けない生活を実践してくだい。

まとめ
大人ニキビを体の内と外から改善する6つのステップ

ステップ1.大人ニキビができる原因とは?
ステップ2.6時間以上の睡眠が大人ニキビを作らない秘策
ステップ3.油分を控えたスキンケアで大人ニキビを予防
ステップ4.ビタミンC誘導体は大人ニキビの救世主
ステップ5.ファンデーションの選び方次第で、大人ニキビを解消
ステップ6.大人ニキビの悩みを内側から解消できる栄養素

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.