ニキビ跡を残さずに短期間でキレイに治す7つの方法

acne-scars

大人になっても繰り返し出てくるニキビ、困りますよね。食生活や睡眠、洗顔に気を配っていても、治まる気配のないニキビに手を焼いていませんか?ニキビができても跡を残さずに治ってくれるといいのですが、ニキビが長引いて皮膚の毛穴の炎症が慢性化すると、色素沈着したり皮膚の組織を壊して跡になり、皮膚の美しさが損なわれてしまいます。

できてしまったニキビでも跡を残さずに短期間で治すいい方法ってないものでしょうか?何か自宅で簡単にできて、効果のある方法があるといいですよね。毎日のニキビケアにほんのひと工夫加えることで、ニキビをきれいに治す方法があるんですよ。そんな簡単ですぐに取り組める7つの方法をご紹介します。



ニキビ跡を残さずに短期間でキレイに治す7つの方法

 

方法1:ニキビは触らない!つぶさない!


ニキビができると赤く腫れたり痛んだりして、ついつい手で触ってしまいがちです。けれどもこれがニキビを悪化させ治りを悪くする大きな原因になるのです。手は清潔に見えてもたくさんの菌がついていて、ニキビに触るとニキビの炎症の元の菌を付けてしまいます。

ニキビをしょっちゅう触っている人はニキビの治りが悪く跡も残りやすくなります。これはニキビでは皮膚の炎症が起こっているので、炎症を悪化させる菌のついた手でニキビを触ったり、ましてやニキビをつぶして新たに傷を作って傷口から菌を侵入させるリスクを増やすためです。ニキビは炎症が長引けば長引くほど重症化して治りが悪くなり跡も残りやすくなるので、くれぐれもニキビに触ったりつぶしたりしないようにしましょう。

方法2:ニキビには紫外線が大敵!UVケアは念入りに


炎症を起こしたニキビに日光に含まれる紫外線があたると、色素沈着を起こしたり跡が残りやすくなります。普段から顔に紫外線があたらないようにUVカット効果のあるつばの広い帽子をかぶったり、UVカット効果のある日焼け止めで紫外線を防ぎます。この時に使う日焼け止めは、紫外線吸収効果のある日焼け止めよりも、紫外線散乱効果のある日焼け止めの方が肌にかかる負担も少なく、良いでしょう。

方法3:洗顔前には蒸しタオル


ニキビ予防にもニキビの悪化防止にも大切な洗顔ですが、できれば効果的に行いたいものですよね。毛穴の汚れを取りやすく、また毛穴に汚れを残さないためにも、毛穴を開いた状態で洗顔するといいのです。

特に冬場など、毛穴が閉じて肌も乾燥気味になる時期は、洗顔前の肌のコンディションにも気を配る必要があります。

洗顔前の肌のコンディションを整える方法

1.43℃〜45℃に温度を調節したお湯にタオルを浸して絞るか、水につけて絞ったタオルを電子レンジで1分加熱して蒸しタオルを作る。

2.少し熱いかなと思うくらいの温度の蒸しタオルを洗顔前の顔全体に当てて、そのまま1分間ほど置いておく

3.顔の毛穴が開き、皮膚の汚れや古い角質も浮き上がってくる

4.洗顔でしっかりと汚れを落とす

肌の血行も良くなり、肌全体の柔軟性も増して洗顔後の化粧水や乳液の浸透も良くなり、一石二鳥です。

方法4:洗顔し過ぎがニキビを作る!?洗顔回数と洗顔料に注意しよう


ニキビの原因は「皮脂」で、ニキビ予防には皮脂をしっかり取り除く洗顔が大事だと一般に知られています。けれども大人になって繰り返すニキビは洗顔によって皮脂を取りすぎてしまい、肌が乾燥してニキビの原因を作っていることが少なくないのです。

これは一体どういう事かというと、洗顔で皮脂を取りすぎてしまうと肌が乾燥しまい、乾燥によって肌の角質は厚く硬くなっていきます。すると毛穴のくぼみに汚れがたまり、詰まりやすくなる上に、肌を乾燥から守ろうとかえって皮脂を分泌するようになってニキビができるというわけです。

顔全体をしっかりと洗う洗顔は、朝晩の一日二回までにとどめます。そして皮脂を取りすぎないマイルドな洗浄力の洗顔料を使い、肌の乾燥しすぎを防ぎます。皮脂を取りすぎる洗顔になっていないかどうかの目安が、肌が乾燥しているのに皮脂のべたつきもあるオイリードライ肌の症状があるかどうかです。オイリードライ肌になっていると皮脂の取りすぎの可能性があります。

方法5:潤い保って美肌を作るー洗顔したらすぐ保湿


洗顔後肌をそのままにしておくと、肌の表面の皮脂が分泌されるまでの間に肌から水分が失われます。肌の乾燥は肌の角質が硬化し過剰な皮脂分泌の引き金になるので、洗顔したら化粧水などですぐに水分を補い保湿しましょう。

ニキビに油分は大敵と、油分を含んだ乳液やクリームをつけないようにしている人もいますが、ニキビには時間がたって酸化した皮脂や化粧品の油分がよくないのです。化粧水だけでは乾燥がカバーできない場合は、必要に応じて皮脂に近い成分の油分を含んだスキンケアを加えるようにしましょう。

方法6:意外な盲点〜タオルや枕カバー


洗顔後に顔を拭くタオルですが、何度も使ったり他の人と共有していませんか?せっかく洗顔で清潔にした顔を不衛生なタオルで拭くと、ニキビを悪化させてしまいます。できれば洗顔の度に、清潔な新しいタオルを使いましょう。また、長時間顔を密着させている枕カバーもこまめに洗濯して清潔に保ち、ニキビを長引かせずに治すようにしましょう。

方法7:やっぱりすごいねビタミンC


ビタミンCに美白効果があるのは広く知られています。ビタミンCには美白効果の他にも肌に弾力を与えるコラーゲンの生成を促進する作用もあるので、肌の修復作用もありニキビ跡を残さずにニキビを治すのにとても有効な成分です。

また、ニキビ跡の色素沈着の元になるメラニンの分泌を正常にする作用や、皮脂の分泌抑制作用もあるので、新たにニキビができるのを予防する効果まであるのです。洗顔後にビタミンC配合の化粧水で肌を整えるのはいい方法と言えるでしょう。それに加えて、コラーゲンの生成促進を期待してビタミンCを多く含んだ食品を積極的に取ると、ニキビ予防にもニキビ跡を残さずにニキビを治すのにもとても良い効果が期待できます。

 

さて、今回はニキビ跡を残さずに短期間でキレイに治す7つの方法をお届けしましたが、いかがでしたか?ニキビ予防には、バランスの取れた食生活や規則正しい健康的な生活を送ることも大切なのは言うまでもありません。

ニキビは毛穴に菌が感染して炎症が起こっている状態なので、早く治すには体の免疫力が正常に働いていることが前提だからです。

その上で、いつものニキビケアに今回ご紹介した7つの方法を意識して取り入れていただけると、より早くキレイにニキビを治すことができることでしょう。ぜひ取り入れてみてくださいね。

まとめ

ニキビ跡を残さずに短期間でキレイに治す7つの方法

方法1:ニキビは触らない!つぶさない!
方法2:ニキビには紫外線が大敵!UVケアは念入りに
方法3:洗顔前には蒸しタオル
方法4:洗顔し過ぎがニキビを作る!?洗顔回数と洗顔料に注意しよう
方法5:潤い保って美肌を作るー洗顔したらすぐ保湿
方法6:意外な盲点〜タオルや枕カバー
方法7:やっぱりすごいねビタミンC


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.