ニキビ跡を赤み短期間で治して美肌になる6つの秘策

acne

ニキビ跡の赤みが長い間、肌表面に残っていると素肌に自信が持てないことから、どうしても厚化粧になりがちに。そして、ニキビ跡の赤みが気になる人ほど、自分の肌に諦めを持っているようです…。ですが、そんな悩みを短期間で解消して美肌を作り出すための秘策が様々あるのをご存じでしょうか? 今回は、そんなニキビ跡をスムーズに治すための様々な方法をお伝えさせていただきます。



ニキビ跡を赤み短期間で治して美肌になる6つの秘策

秘策1.ニキビ跡が出来る時と出来ない時の違いとは?

ニキビが出来ても、ニキビ跡が出来るときと出来ない時があります。これは肌のターンオーバーと関係しており、ニキビなどの肌トラブルが起こった時に、ターンオーバーがスムーズに行われていれば、跡を残すことなく肌は回復します。 ところが、ターンオーバーが停滞するなどしてうまく行われない時には、皮膚組織が破壊されてしまいニキビ跡の赤みとして残ってしまうのです。

秘策2.ニキビ跡の赤みを解決するのは毎日6時間以上の睡眠

ニキビ跡の赤みが回復しない理由として、ターンオーバーの滞りがあります。このターンオーバーを滞らせてしますのが、ホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活を心がけること。特に睡眠不足になると、肌の免疫力が低下して肌の回復力は悪くなりニキビが出来やすくなったり、跡が残りやすくなります。

夜更かしをした翌日はダルさを感じたり、頭痛がするなど体調が悪くなるという経験があると思いますが、この不調の原因は夜寝ている間に、肌を含む体全体が修復されているからです。修復は血液を通して行われていますが、起きている日中は血液の殆どが脳に集中しています。そのため肌までは酸素や栄養が行き渡りません。

しかし、寝ることで血液は体の隅々まで流れ始めて、肌にも栄養が行き渡るようになり、肌トラブルを回復させることができるのです。この修復時間には最低でも6時間はかかります。ですから、ニキビ跡の赤みを早く治したいのであれば、毎日6時間以上の睡眠を確保しましょう。

秘策3.正しい洗顔法を実践するだけでニキビ跡の赤みは解消される!

ニキビ肌の人に多いのが、肌をキレイにしたいあまりに肌をゴシゴシと力を入れて洗っているという共通点があります。ゴシゴシと強く洗ってしまうと、毛穴の中の皮脂がきちんと落とせずに詰まってしまうことに…。ニキビ跡の赤みを早く回復させたいのであれば、やさしい洗顔が基本です。

【ニキビ跡の赤み改善を目指す!正しい洗顔法】

・豊富な泡を手の熱で少し温めてから、泡を肌に押し当てて包みこむように洗顔します。(温めることで肌への刺激が少なくなります)
・洗顔時は肌をできるだけ強くこすらないように注意しましょう。
・拭きとる時もタオルを押し当てて、水分を吸い取るようにします。

秘策4.肌の保湿を徹底するとニキビ跡はキレイに解消する

オイリー肌の人に多いニキビ跡の悩みですが、このような人ほどベタつきが気になるという理由から、化粧水だけのケアをしているようです。ですが、肌が乾燥すると水分の蒸発を防ごうと、皮脂は逆に皮脂の分泌を活発にしてしまうのです。

また、肌のターンオーバーサイクルが乱れ、余計な肌トラブルを招くようになるだけでなく、ニキビの赤みはより深く刻まれてしまうのです。ですので、美容液や乳液などを使って、適度な保湿を行うようにしましょう。

秘策5.ファンデーションの選び方次第でニキビ跡は早く治る

油分の含まれているクリームタイプのファンデーションを使うとニキビが悪化したり、ニキビ跡が治りくくなることがあります。特にオイリー肌の人は、パウダーファンデーションか、ルースパウダー程度にとどめた方が無難。どうしても、ニキビ跡の赤み部分をカバーしたいのであれば、その部分にだけコンシーラーを軽く使う程度にしましょう。

また、化粧下地も油分を含んでいるものはニキビ肌には適さないので、保湿美容液などを塗った上から直接パウダー類を重ねるのがおすすめです。 ファンデーションで肌に負担をかけない工夫が、ニキビ跡の赤みを早く解消させるためのポイントと言えます。

秘策6.とにかく短時間でニキビ跡の赤みを解消したいならダイヤモンドピーリング

ダイヤモンドピーリングは、先端にダイヤモンドの細かい粒子がついている細い筒状の機械を使って、ニキビ跡を削る治療法です。まずは全体的に古い角質を取り除き、その後にニキビ跡や毛穴の開きが目立つ部分に対して集中して処置を行います。削るというと痛いというイメージがありますが、傷にならない程度までしか削らないので、痛みはありません。ニキビ跡の赤みが目立たなくなるだけでなく、古い角質もオフできるので肌のくすみが無くなり、毛穴もキュッと引き締まります。

 

さて、今回のニキビ跡を赤み短期間で治して美肌になる6つの秘策はいかがでしたでしょうか? 肌にニキビ跡の赤みが残っていると、鏡を見るたびに憂鬱な気分になりますよね。ですが、セルフケアでも短時間でニキビ跡の赤みを解消できる秘策は、6時間以上の睡眠を毎日とること、正しくやさしい洗顔を心がけること、肌負担を与えないファンデーションを使うだけでもキレイな肌状態を取り戻すことができます。

また、できるだけ早いニキビ跡の赤み解消を目指すのであれば、美容治療によるダイヤモンドピーリングを受けるのも一つの手です。ぜひ、上記の項目を参考にしてツルツルスベスベの素肌美人を目指してください。

まとめ

ニキビ跡を赤み短期間で治して美肌になる6つの秘策

秘策1.ニキビ跡が出来る時と出来ない時の違いとは?
秘策2.ニキビ跡の赤みを解決するのは毎日6時間以上の睡眠
秘策3.正しい洗顔法を実践するだけでニキビ跡の赤みは解消される!
秘策4.肌の保湿を徹底するとニキビ跡はキレイに解消する
秘策5.ファンデーションの選び方次第でニキビ跡は早く治る
秘策6.とにかく短時間でニキビ跡の赤みを解消したいならダイヤモンドピーリング

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.