腹筋を毎日たった15回!お腹周りをたるませない7つステップ

abdomen-diet

お腹痩せと言えばすぐに思いつくのが腹筋運動ではないでしょうか。今度こそ、くびれ美人を目指そうと毎日何十回、何百回の腹筋運動をしても効果を得られないことがあります。それは、鍛えるべき、痩せたい部分をちゃんと刺激できていないからので、回数を頑張ってこなしても理想のウエストラインを目指せないのです。

そこで今回はそんな人のためにとっておきのお腹周りをたるませず、スッキリほっそりのウエストラインを目指すための腹筋運動7つのステップをお伝えさせていただきます。



腹筋を毎日たった15回!お腹周りをたるませない7つステップ

 

ステップ1.しっかり効果を得られる腹筋運動の回数はなんとたった15回!

ウエストダイエットのために、毎日かなりの回数の腹筋運動をしている人もいますが、回数を多くやったからといって、残念ながらダイエット効果は上がりません。回数を多く行うことで筋肉持久力は高まりますが、お腹のシェイプアップのためにはたくさんの回数の腹筋運動はあっていないのです。スリムウエストを目指すためのダイエットとは、筋肉を鍛え、代謝をアップさせ脂肪燃焼効果を高めることが最大の目的です。このようなダイエット効果を得るための腹筋運動の回数は毎日たった15~20回程度で十分なのです。

スッテプ2.なぜ1日たった15回でくびれウエストを叶えられるのか?


毎日たった15~20回程度の腹筋運動で効果があるのかと、不安になる人もいると思いますが、脂肪燃焼をアップさせる筋肉を鍛えるためには回数をこなすのではなく、少ない回数でも集中して筋肉を鍛えていくことが重要なポイントになります。

ステップ3.ここを集中して鍛えることで気になるお腹周りの悩みを解決!


腹筋といってもお腹周りは何種類もの筋肉によって構成させれています。全体的に大きくなったお腹や、下腹だけがぽっこり出てしまったお腹、お肉が横にはみ出たお腹悩みは、その部位の筋肉別に効果がある腹筋運動を行うことで、驚く短期間で効果が現れます。

●腹直筋
お腹の中心となっている筋肉で、お腹を縦に縮める動きをするときに使います。腹直筋を鍛えることで、前へ出っ張ってしまったお腹をキレイにへこますことができます。
●腹斜筋
横腹にあるくびれを作り出している筋肉です。内臓を正しい位置に維持する役割を持っています。
●腹横筋
脇腹の筋肉の下にあり、横方向へと向かって伸びている筋肉です。腹斜筋同様に、内臓を正しい位置に維持する役割があります。ここを鍛えることで凹みのあるスッキリとしたお腹を目指すことができます。

ステップ4.お腹全体をへこませすっきりさせる腹直筋を鍛える腹筋運動


全体的にたっぷりとお肉や脂肪がついてしまったお腹を全体的にへこませ、すっきりとさせることができます。 [腹直筋を鍛える腹筋運動] ①床などの硬い場所に仰向けで寝て、軽くひざを曲げて足先を少し浮かせます。 ②.①の状態のまま足だけを、ゆっくりと時間をかけながら上へとあげていきます。その後ゆっくりと時間をかけながら下へと下げていきます。この動作を15~20回繰り返し行いましょう。

ステップ5.女性らしいしなやかなくびれラインを目指せる腹斜筋の腹筋運動


腹斜筋は横腹にある筋肉で、ここを鍛えることで、女性らしいしなやかなくびれラインを目指すことができます。

[腹斜筋を鍛える腹筋運動]

①床などの硬い場所に仰向けで寝て、軽くひざを曲げておきます。
②その後、頭の後ろで手を組み後頭部を軽く浮かせます。
③②の状態のまま、体を前へ巻き込むように起こすという動作を15~20回ほど繰り返し行いましょう。ポイントとして、体を起こす際には息を吐きながらおへそを見るようにします。

 

スッテプ6.ぺったんこお腹をを目指すための腹横筋の腹筋運動


腹横筋は腹筋の中で一番深い位置にある筋肉を言います。腹横筋が弱くなると内臓の位置が不安定になり、お腹が前へとぽっこり出た状態になってしまいます。痩せ型でもお腹だけが出てしまっている人は腹横筋力の低下が原因です。

[腹横筋を鍛える腹筋運動]

①床などの硬い場所に仰向けで寝て、軽くひざを曲げておきます。
②腹式呼吸を意識しながら、おへそを見るようなイメージで体を内側に巻き込みます。この動作を15~20回行いましょう。ポイントは、リラックスしながら力を抜いて行うことです。

 

ステップ7.腹筋運動と有酸素う運動のセットが脂肪燃焼効果をアップさせる


腹筋運動と有酸素運動をセットで行うことで、脂肪燃焼効果が高まりお腹の脂肪やお肉を一気に落とすことができます。

やり方の基本は、20分以上のジョギングやウォーキングなどの有酸素運動の後に、腹筋運動を15~20回を2~3セット行いましょう。より速いスリムウエスト効果を叶えることができます。

 

さて今回の腹筋を毎日たった15回!お腹周りをたるませない7つステップはいかがでしたでしょうか?お腹周りをスッキリとさせたいなら、毎日たった15回の腹筋運動を行うだけで、叶えることができます。

そして、しっかりと効果を得るためには、お腹の悩みに応じた筋肉を適格に鍛える腹筋運動を行うことが何より重要なポイントとなります。 お腹全体をへこませすっきりさせる腹直筋、女性らしいしなやかなくびれラインを目指せる腹斜筋、ぺったんこお腹をを目指すための腹横筋を鍛えて、今までどれだけ頑張っても叶わなかった理想のウエストラインを、今度こそ実現しましょう!

 

まとめ

腹筋を毎日たった15回!お腹周りをたるませない7つステップ ステップ

1.しっかり効果を得られる腹筋運動の回数はなんとたった15回!
スッテプ2.なぜ1日たった15回でくびれウエストを叶えられるのか?
ステップ3.ここを集中して鍛えることで気になるお腹周りの悩みを解決!
ステップ4.お腹全体をへこませすっきりさせる腹直筋を鍛える腹筋運動
ステップ5.女性らしいしなやかなくびれラインを目指せる腹斜筋の腹筋運動
スッテプ6.ぺったんこお腹をを目指すための腹横筋の腹筋運動
ステップ7.腹筋運動と有酸素う運動のセットが脂肪燃焼効果をアップさせる

 

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.